SAS ^=(ノットイコール)

【SAS】^=(ノットイコール)

投稿日:2021年10月9日 更新日:

今回は^=について解説します。


/* ^="" */
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
  id="D"; chiku="";
    output;
run;


data null_jogai; set data1;
  if chiku ^= "";
run;
  • ノットイコールは^=
  • char型の欠損値は””

/* is not "" */
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
  id="D"; chiku="";
    output;
run;


data null_jogai; set data1;
  if chiku is not "";
run;

  • ノットイコールは^=
  • char型の欠損値は””
  • SASで is not ~は使えない。

/* <> "" */
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
  id="D"; chiku="";
    output;
run;


data null_jogai; set data1;
  if chiku <> "";
run;

  • ノットイコールは^=
  • char型の欠損値は””
  • <>は不適切。

/*^= .*/
data data1;
  id="A"; chiku=1111;
    output;
  id="B"; chiku=2222;
    output;
  id="C"; chiku=3333;
    output;
  id="D"; chiku=.;
    output;
run;


data null_jogai; set data1;
  if chiku ^= .;
run;
  • ノットイコールは^=
  • 数値型の欠損値は「.」

/* ^= NULL */
data data1;
  id="A"; chiku=1111;
    output;
  id="B"; chiku=2222;
    output;
  id="C"; chiku=3333;
    output;
  id="D"; chiku=.;
    output;
run;


data null_jogai; set data1;
  if chiku ^= NULL;
run;

  • ノットイコールは^=
  • 数値型の欠損値は「.」
  • 「NULL」を変数として認識している。
  • 「NULL」は中身を定義されていないため、中身は「.」

-SAS, ^=(ノットイコール)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】WHEREステートメントはIFステートメントと同様に処理条件を設定できる。(分岐)

今回はWHEREステートメントについて解説します。 /* where */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”B …

【SAS】WORKライブラリの性質について解説

今回はWORKライブラリについて解説します。 libnameを使わなくてもデフォルトで存在するライブラリです。 そのため、libnameを使わずにworkライブラリを使用することができます。 /* l …

【SAS】CALL SYMPUTは関数を用いてマクロ変数の代入ができる。

今回はCALL SYMPUTについて解説します。 /*その1*/ data data1; kyo = today(); run; today()は本日の日付をSAS日付で取得する。 /*その2*/ d …

【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その1 昇順

今回はSORTプロシージャについて解説します。 /*sort1*/ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; output; id1=”1111″; id2=”2222″ …

【SAS】オブザベーションを跨いだ計算【RETAIN】【SAS Base Programming対策4】

/* retain */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222; output; …