ABORT SAS

【SAS】ABORTは実行を強制終了させる

投稿日:2021年10月11日 更新日:

今回はABORTについて解説します。


/*abort*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
run;

data data2; set data1;

  if chiku = "SHIBUYA" then abort;
  
run;

  • abortは実行を強制終了させる。
  • chiku = “SHIBUYA”の行で強制終了する。
  • WORK.DATA2は置き換わらない。

/*abort abend*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
run;


data data2; set data1;

  if chiku = "SHIBUYA" then abort abend;
  
run;

  • abortは実行を強制終了させる。
  • abort abendは異常終了させる。
  • chiku = “SHIBUYA”の行で異常終了する。
  • WORK.DATA2は置き換わらない。

-ABORT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

今回はfirst, lastについて解説します。 /*first last1*/ data data1; 番号=”1111″; 日付=”20210331″; output; 番号=”1111″; 日付 …

【SAS】PUTN関数は数値に対して出力形式を指定して変換する。

今回はPUTN関数について解説します。 /* putn_point. */ proc format; value point 1-50=’Low’ 51-100=’High’; run; data d …

【SAS】^=(ノットイコール)

今回は^=について解説します。 /* ^=”” */ data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU”; output; id=”B”; chiku=”ICHIGAYA”; o …

【SAS】TITLEステートメントは「結果」にタイトルを付けられる

今回はTITLEステートメントについて解説します。 data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAAAA”; コード=”05″; …

【SAS】SASUSERライブラリの性質について解説

今回はSASUSERライブラリについて解説します。(対比参考:【SAS】WORKライブラリの性質について解説 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)) libnameを使わなく …