ARRAY OF SAS SUM

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。

投稿日:2021年12月19日 更新日:

今回はarrayステートメントについて解説します。


/* array */
data data1;
  array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3;
  hairetsu(1) = 1111;
  hairetsu(2) = 2222;
  hairetsu(3) = 3333;
run;

  • arrayにより配列を設定できる。
  • 配列要素に値を代入すると、変数に値が入る。

/* hairetsu(1) + hairetsu(2) + hairetsu(3) */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


data data2; set data1;
  array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3;
  Id4 = hairetsu(1) + hairetsu(2) + hairetsu(3);
run;

  • arrayにより配列を設定できる。
  • set由来の変数名と同じ場合、値を引き継ぐことができる。

/* sum(of hairetsu(*)) */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


data data2; set data1;
  array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3;
  Id4 = sum(of hairetsu(*));
run;

  • arrayにより配列を設定できる。
  • set由来の変数名と同じ場合、値を引き継ぐことができる。
  • sum(of hairetsu(*))により、全ての要素に対して計算が行われる。

/* {} */
data data1;
  array hairetsu{3} Id1 Id2 Id3;
  hairetsu{1} = 1111;
  hairetsu{2} = 2222;
  hairetsu{3} = 3333;
run;

  • arrayにより配列を設定できる。
  • 配列要素に値を代入すると、変数に値が入る。
  • 括弧はたぶん何でも良い。

-ARRAY, OF, SAS, SUM

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SETステートメントに複数データセットを設定すると縦結合できる

今回はSETについて解説します。 /* 1~7 */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルールを定義し、値を書き換える

今回はFORMATプロシージャについて解説します。 /* format */ data data1; 番号=”111111″; test = 10; output; 番号=”222222″; test …

【SAS】LABELオプションは変数名ではなく、ラベル名を出力する。【PRINTプロシージャ】【SAS Base Programming対策2】

今回はLABELオプションについて解説します。 SAS Base Programmingの四択問題でも出されそうな感じです。 /* label */ data data1; attrib Id1 le …

【SAS】SUMは足し算をする。その1【SQL】

今回はSQLのSUMについて解説します。 /* SUM_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=222 …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その3 「Ctrl+D」~データセットのオブザベーション数が多いとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットのオブザベーション数(行数)が多いときは「Ctrl+D」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その …