ATTRIB RENAME SAS

【SAS】ATTRIBとRENAMEを同時に使うときの注意点

投稿日:

今回はATTRIBとRENAMEを同時に使うときに注意するべきポイントについて解説していきます。

SAS日付となっているid1をddMONyyyy形式にして、id4とするケースを仮定します。

結論:ATTRIBはRENAMEの変更先にできないけど、代入先にはできる。


/* attrib_1 */
data data1;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
run;


data data2; set data1;
  attrib id4 format=date9. ;
  rename id1 = id4;
run;
  • ATTRIBをRENAMEの変更先にしてしまうとWARNINGとなる。
  • さらにid4は定義したはずのddMONyyyy形式になっていない。

/* attrib_2 */
data data1;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
run;


data data2; set data1;
  attrib id4 format=date9. ;
  id4 = id1;
run;

  • ATTRIBを代入先にすれば、正常に動く。
  • id4は定義したddMONyyyy形式になっている。

/* attrib_3 */
data data1;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
run;


data data2; set data1;
  attrib id4 format=date9. ;
  id4 = id1;
  drop id1;
  rename id4 = id1;
run;
  • ATTRIBを代入先にすれば、正常に動く。
  • id4は定義したddMONyyyy形式になっている。
  • もともとあったid1をddMONyyyy形式にする場合は、dropとrenameで実現できる。

-ATTRIB, RENAME, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】IF文はデータ読み込み後にフィルター、WHERE文はデータ読み込み時にフィルターをする。

今回は、データ入力に着目して、IF文とWHERE文の違いを解説します。 /* if */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; C …

【SAS】TRANSTRN関数は指定した文字を別の文字に変換する。

/* a */ data data1; Id1=”abcd”; Id2=”ABCD”; output; Id1=”abcd”; Id2=”ABCD”; output; Id1=”abcd”; Id2= …

【SAS】SUMMARYは集計に便利

今回はSUMMARYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; 契約番号=”AAAAAA”; 会社コード=”02″; 請求金額=4999; output; 契約番号=”AAAAAA” …

【SAS】0による除算【SAS Base Programming対策3】

今回は0による除算(割り算)を解説します。 数学では「0で割れない」とか、極限の単元だと「∞に発散する」とか言われますが、SASで0による除算を行うとどうなるのか触れていきます。 知ってるか知らないか …

【SAS】^=(ノットイコール)

今回は^=について解説します。 /* ^=”” */ data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU”; output; id=”B”; chiku=”ICHIGAYA”; o …