CALL SYMPUT SAS

【SAS】CALL SYMPUTは関数を用いてマクロ変数の代入ができる。

投稿日:2021年10月15日 更新日:

今回はCALL SYMPUTについて解説します。


/*その1*/
data data1;
  kyo = today();
run;
  • today()は本日の日付をSAS日付で取得する。

/*その2*/
data data1;
  kyo = put(today(),yymmdd10.);
run;
  • today()は本日の日付をSAS日付で取得する。
  • putにより、today()の値をyymmdd10.形式にしてkyoに代入する。

/*その3*/
%let kyo=2021-10-15;
%put &kyo.;
  • %letでkyoに「2021-10-15」が代入される。

/*その4*/
%let kyo = put(today(),yymmdd10.);
%put &kyo.;
  • その2とその3を合わせて、マクロ変数「kyo」に「put(today(),yymmdd10.)」を代入したいが、関数が計算されずに文字列として代入されてしまっている。
  • 関数はデータセットの中でしか使えない。

/*その5*/
data _NULL_;
  call symput("kyo",put(today(),yymmdd10.));
run;

%put &kyo.;
  • マクロ変数への代入で関数を使いたい場合はCALL SYMPUTを使う。
  • kyoに「2021-10-15」が代入される。

-CALL SYMPUT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】DROPで良く問われる文法【SAS Base Programming対策8】

今回もDROPについて解説します。 過去記事ではDROPの使い方について解説しました。⇒【SAS】DROPはデータセットから変数を削除する | ビジネスイッチ (how-to-business.com …

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

今回はfirst, lastについて解説します。 /*first last1*/ data data1; 番号=”1111″; 日付=”20210331″; output; 番号=”1111″; 日付 …

【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その2 降順

今回はSORTプロシージャの降順について解説します。(前回:【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その1 昇順 | ビジネスイッチ (how-to-business.com) …

【SAS】足し算。その3(SUM関数を用いた計算)【of】

今回はSUM関数を用いた足し算で、ofを使った計算について解説します。  (前回はSUM関数を用いた足し算について解説しました。⇒【SAS】足し算。その2(SUM関数を用いた計算) | ビジ …

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。

今回はarrayステートメントについて解説します。 /* array */ data data1; array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3; hairetsu(1) = 1111; …