FIRST, LAST NODUPKEY SAS SORT

【SAS】FIRST, LAST↔SORT NODUPKEYの変換

投稿日:

今回はfirst, last↔SORT NODUPKEYの変換について解説します。

結論を先に書くと、変換できる場合、変換できない場合とがあります。


/*sort1*/
data data1;
  id1="1111"; id2="1111";
    output;
  id1="1111"; id2="2222";
    output;
  id1="1111"; id2="3333";
    output;
  id1="2222"; id2="3333";
    output;
  id1="2222"; id2="2222";
    output;
  id1="2222"; id2="1111";
    output;
  id1="3333"; id2="2222";
    output;
  id1="3333"; id2="1111";
    output;
  id1="3333"; id2="3333";
    output;
run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by id1 id2 ; run;


data data3; set data2; by id1 id2;
  if first.id2 = 1;
run;

ソート⇒ユニークをnodupkeyで表すと、


/* nodupkey1 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by id1 id2 ; run;


このようにソート⇒ユニークの流れはnodupkeyで書き表すことができます。

続いて、sort2


/*sort2*/
data data1;
  id1="1111"; id2="1111";
    output;
  id1="1111"; id2="2222";
    output;
  id1="1111"; id2="3333";
    output;
  id1="2222"; id2="3333";
    output;
  id1="2222"; id2="2222";
    output;
  id1="2222"; id2="1111";
    output;
  id1="3333"; id2="2222";
    output;
  id1="3333"; id2="1111";
    output;
  id1="3333"; id2="3333";
    output;
run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by id1 id2 ; run;


data data3; set data2; by id1 id2;
  if first.id1 = 1;
run;

このソート⇒ユニークの流れをnodupkeyで書き表そうとすると、


/* nodupkey2_1 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by id1 id2 ; run;


上記のnodupkey2_1では不適切なことが分かります。


/* nodupkey2_2 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by id1  ; run;

nodupkey2_2でも無いことが分かります。


/* nodupkey2_3 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by id2  ; run;

nodupkey2_3でも無いことが分かります。


/* nodupkey2_4 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by descending id1  ; run;

nodupkey2_4でも無いことが分かります。


/* nodupkey2_5 */
proc sort nodupkey data=data1 out=data3 ; by descending id2  ; run;

nodupkey2_5でも無いことが分かります。

まとめると、ソートキーとユニークキーが同一の場合は変換できます。

異なる場合は変換できない場合があります。

-FIRST, LAST, NODUPKEY, SAS, SORT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】DATASETSプロシージャを使ってデータセットを削除する。【DELETE】

今回はDATASETSプロシージャを使ってデータセットを削除する方法について解説します。  /* delete; */ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; …

【SAS】WHEREステートメントはPRINTプロシージャ内で使用ができる。【IFステートメントは使えない】【SAS Base Programming対策6】

/* where */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222; output; …

【SAS】||(!!)は文字列の連結ができる。【結合】

今回は||(!!)について解説します。 /* || */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1=” BBBB”; o …

【SAS】足し算。その2(SUM関数を用いた計算)

今回はSUM関数を用いた足し算について解説します。  (前回は+演算子を用いた足し算について解説しました。⇒【SAS】足し算。その1(+演算子を用いた計算)) /* sum */ data …

【SAS】SETステートメントに複数データセットを設定すると縦結合できる

今回はSETについて解説します。 /* 1~7 */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …