INDEXC SAS

【SAS】INDEXC関数は文字列から特定の文字を探して位置を返す。

投稿日:2021年12月30日 更新日:

今回はINDEXC関数について解説します。


data data1;
  Id1="1111"; Id2="1111"; Id3="1111";
    output;
  Id1="2111"; Id2="2111"; Id3="2111";
    output;
  Id1="2211"; Id2="2211"; Id3="2211";
    output;
  Id1="2221"; Id2="2221"; Id3="2221";
    output;
  Id1="2222"; Id2="2222"; Id3="2222";
    output;
  Id1="3333"; Id2="3333"; Id3="3333";
    output;
run;

data data2; set data1;
  Id4  = indexc(Id1, "1" );
run;

  • INDEXCにより、第二引数を1文字ずつ分解し、文字が第一引数の何文字目に見つかったかを返す。
  • 見つからない場合は0。

/* indexc 12 */
data data1;
  Id1="1111"; Id2="1111"; Id3="1111";
    output;
  Id1="2111"; Id2="2111"; Id3="2111";
    output;
  Id1="2211"; Id2="2211"; Id3="2211";
    output;
  Id1="2221"; Id2="2221"; Id3="2221";
    output;
  Id1="2222"; Id2="2222"; Id3="2222";
    output;
  Id1="3333"; Id2="3333"; Id3="3333";
    output;
run;

data data2; set data1;
  Id4  = indexc(Id1, "12" );
run;

  • INDEXCにより、第二引数を1文字ずつ分解し、文字が第一引数の何文字目に見つかったかを返す。(1または2を探す)
  • 見つからない場合は0。

-INDEXC, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】0による除算【SAS Base Programming対策3】

今回は0による除算(割り算)を解説します。 数学では「0で割れない」とか、極限の単元だと「∞に発散する」とか言われますが、SASで0による除算を行うとどうなるのか触れていきます。 知ってるか知らないか …

【SAS】SUMMARYは集計に便利

今回はSUMMARYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; 契約番号=”AAAAAA”; 会社コード=”02″; 請求金額=4999; output; 契約番号=”AAAAAA” …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その2 同名マクロによる再定義【%MEND】

今回は同名マクロによる再定義について解説していきたいと思います。(前回の記事:【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。【%MEND】 | ビジネスイッチ (how-to-business …

【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その2 降順

今回はSORTプロシージャの降順について解説します。(前回:【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その1 昇順 | ビジネスイッチ (how-to-business.com) …

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。その2 再帰的使用

今回はSUBSTR関数の再帰的使用について解説していきます。 /* 再帰的 */ data data1; id1=”123456789″; output; run; data data2; set d …