INPUT SAS

【SAS】INPUTステートメントは再帰的に型変換ができない。

投稿日:2022年4月3日 更新日:

今回はINPUTステートメントの再帰的な型変換について解説します。

(なお、通常のINPUT型変換の使い方は以下の記事で解説しています。⇒【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する)


/*再帰的型変換1*/
data data1;
  id="1111";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id = input(id, best.);
run;

  • 文字型⇒数値型への変換はinputを使う。
  • 再帰的な型変換はできないため、文字型のまま。

-INPUT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】オブザベーションを跨いだ計算【RETAIN】【SAS Base Programming対策4】

/* retain */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222; output; …

【SAS】TRANSPOSEは縦持ち、横持ちを変換できる。その1

今回はTRANSPOSEについて解説します。 /* num char char */ data data1; NO=1111; CHAR=”A”; MOJI=”AAAA”; output; NO=22 …

【SAS】DATETIME関数はSAS時間値を取得する。

今回はDATETIME関数について解説します。 /* datetime_1 */ data data1; aaaa = datetime(); run; datetime()はSAS時間値を取得する。 …

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。その2 再帰的使用

今回はSUBSTR関数の再帰的使用について解説していきます。 /* 再帰的 */ data data1; id1=”123456789″; output; run; data data2; set d …

【SAS】SUMMARYは集計に便利

今回はSUMMARYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; 契約番号=”AAAAAA”; 会社コード=”02″; 請求金額=4999; output; 契約番号=”AAAAAA” …