LIBNAME SAS SAS Base Programming

【SAS】LIBNAMEステートメントはExcelファイルをライブラリとして割り当てることができる。【SAS Base Programming対策5】

投稿日:2021年12月29日 更新日:

今回はLIBNAMEステートメントを用いてExcelファイルをライブラリ参照する方法について触れていきます。

SAS Base Programmingの試験を2回受験しましたが、2回ともExcelファイルをライブラリ参照する問題が出題されました。⇒SAS Base Programmingの資格を取りました。試験の流れを解説します。[出題された問題のリークも] | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

もしかすると、最近の鉄板問題なのかもしれません。


/* myxlsx.aaaa */
libname myxlsx xlsx "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/excel.xlsx";
proc print data = myxlsx.aaaa;
run;

  • Excelファイルをライブラリ参照として割り当てることができる。
  • myxlsx.aaaaによりExcelファイルのシート内容を出力することができる。

/* myxlsx.bbbb */
libname myxlsx xlsx "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/excel.xlsx";
proc print data = myxlsx.bbbb;
run;

  • Excelファイルをライブラリ参照として割り当てることができる。
  • myxlsx.bbbbによりExcelファイルのシート内容を出力することができる。

/* myxlsx2.aaaa */
libname myxlsx2 xlsx "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/excel2.xlsx";
proc print data = myxlsx2.aaaa;
run;

  • Excelファイルをライブラリ参照として割り当てることができる。
  • myxlsx2.aaaaによりExcelファイルのシート内容を出力することができる。
  • シート上に変数が無い場合は、何も出力されない。

/* contents myxlsx._ALL_ */
libname myxlsx xlsx "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/excel.xlsx";
proc contents data = myxlsx._ALL_;
run;

  • Excelファイルをライブラリ参照として割り当てることができる。
  • myxlsx._ALL_によりExcelファイル内の全てのシート情報を出力することができる。
  • SAS Base Programmingの試験では、Excelファイル内のデータセット名を答えさせる問題がでるので、この構文は押さえておきたい。

/* set myxlsx.aaaa */
libname myxlsx xlsx "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/excel.xlsx";
data data1;set myxlsx.aaaa;
run;

  • Excelファイルをライブラリ参照として割り当てることができる。
  • setステートメントではエクセル上のデータセットも扱うことができる。

-LIBNAME, SAS, SAS Base Programming

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】PUTLOGステートメントは文字列をログに出力する。

今回はPUTLOGについて解説します。 /* putlog_1 */ data _null_; putlog ‘2022/03/26’; run; putlogにより、ログに文字列を出力できる。%pu …

【SAS】SUBSTR関数を使って右から文字列を切り取る方法について解説【LENGTHN】

今回はSUBSTR関数を使って右から文字列を切り取る方法について解説します。 (参考:【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。 | ビジネスイッチ (how-to-busine …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その10 「矩形選択」~インデントを入れたい時など~【サクラエディタ】

今回はSASで良く使うテクニックということで、ソースコードにインデントを挿入したい時は、「矩形選択」が役に立つ理由を解説していきます。 「矩形選択」は、インデントの挿入以外にも、同じ文字数分削除をした …

【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する

今回はNODUPKEYについて解説します。 data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU1″; 数字=1; output; id=”A”; chiku=”SHINJUKU2″ …

【SAS】TRIM関数は文字列の連結時に末尾のスペースを除去できる。

今回はTRIM関数について解説します。 /* trim */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1=” BBBB”; …