%eval %IF %PUT SAS

【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その2

投稿日:2021年12月10日 更新日:

今回も%PUTについて解説します。

以下の記事では、%putにより、文字列をログに表示できるという内容でした。


/* 1+1 */
%put 1+1;

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • 計算式は計算されずにそのまま表示されてしまう。

/* %eval(1+1) */
%put %eval(1+1);

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • %evalにより、計算式を計算して出力できる。

/* re_num; 1+1; */
%macro re_num;
  1+1;
%mend;

%put %re_num;

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。
  • 1+1は計算されずにそのまま表示されてしまう。

/* re_num; %eval(1+1); */
%macro re_num;
  %eval(1+1);
%mend;

%put %re_num;

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。
  • %eval()により、計算式を計算して出力できる。

/* re_num %eval(%re_num) */
%macro re_num;
  1+1;
%mend;

%put %eval(%re_num);

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。
  • %eval()により、計算式を計算して出力できる。
  • %eval()の引数内でマクロ呼び出しをしてもエラーとなる。

/* %re_num(1) */
%macro re_num(m);
  %if &m.=1 %then "一致した";
  %else &m.;
%mend;

%put %re_num(1);

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。
  • 引数を渡したマクロ呼び出しをしている。
  • %ifにより、戻り値が分岐している。

/* %re_num(2) */
%macro re_num(m);
  %if &m.=1 %then "一致した";
  %else &m.;
%mend;

%put %re_num(2);

  • %putにより文字列をログに表示する。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。
  • 引数を渡したマクロ呼び出しをしている。
  • %ifにより、戻り値が分岐している。

-%eval, %IF, %PUT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこまでなのか)区切り文字の解説も

今回はYYMMDDにフォーカスして解説します。 前回、PUT+DATE,YYMMDDにより、SAS日付値を日付形式に変換表示する方法を解説しました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日 …

【SAS】INTNX関数は指定期間の条件を満たす日付けを返す。

今回はINTNX関数について解説します。 /* intnx_1 */ data data1; Id1 = intnx(“YEAR”,’16jan2022’d,1); format Id1 yymmdd …

【SAS】WORKライブラリの性質について解説

今回はWORKライブラリについて解説します。 libnameを使わなくてもデフォルトで存在するライブラリです。 そのため、libnameを使わずにworkライブラリを使用することができます。 /* l …

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …

【SAS】DISTINCTは重複をユニークにする。【SQL】

今回はSQL文のDISTINCTについて解説します。 /* Id1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=1111; output; Id1 …