%PUT SAS

【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その1

投稿日:2021年12月9日 更新日:

今回は%PUTについて解説します。


/* %put */
%put CHAR;

  • %putにより、文字列をログに出力できる。

/* %let */
%let CHAR = aaaa ;
%put &CHAR.;

  • %putにより、文字列をログに出力できる。
  • &CHAR.により、マクロ変数を展開して表示できる。

/* マクロ */
%macro re_num;
  2;
%mend;

%put %re_num;

  • %putにより、文字列をログに出力できる。
  • マクロはデータステップの実行だけでなく、戻り値を返すこともできる。
  • %putはマクロから返された戻り値を出力している。

-%PUT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】足し算。その1(+演算子を用いた計算)

今回は+演算子を用いた足し算について解説します。  /* + */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; I …

【SAS】^=(ノットイコール)

今回は^=について解説します。 /* ^=”” */ data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU”; output; id=”B”; chiku=”ICHIGAYA”; o …

【SAS】PUTは数値型を文字型に変換する

今回はPUTについて解説します。 /*数値8桁*/ data work.a; a = put(20061228, 8.); run; 数値型⇒文字型への変換はputを使う。数値型20061228⇒文字 …

【SAS】TRIM関数は文字列の連結時に末尾のスペースを除去できる。

今回はTRIM関数について解説します。 /* trim */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1=” BBBB”; …

【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】

今回は複数テーブルの結合について解説します。 /* 複数テーブルの結合_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; …