PUTC SAS

【SAS】PUTC関数は文字列に対して出力形式を指定して変換する。

投稿日:2022年3月4日 更新日:

今回はPUTC関数について解説します。


/* putc_1 */
proc format;
 value point "aaaa"='Low'
             "bbbb"='High';
run;


data data1;
  Id1=putc("aaaa","point");
run;
  • formatプロシージャにより”aaaa” = “Low”、”bbbb” = “High”とする「point」というルールを設定する。
  • putcにより”aaaa”をpointのルールに書き換えたい(?)。
  • value point ではエラーとなる。

/* putc_2 */
proc format;
 value $point "aaaa"='Low'
              "bbbb"='High';
run;


data data1;
  Id1=putc("aaaa","point");
run;

  • formatプロシージャにより”aaaa” = “Low”、”bbbb” = “High”とする「$point」というルールを設定する。
  • putcにより”aaaa”を$pointのルールに書き換える。
  • value $point で正常に動く。

-PUTC, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】DATETIME関数はSAS時間値を取得する。

今回はDATETIME関数について解説します。 /* datetime_1 */ data data1; aaaa = datetime(); run; datetime()はSAS時間値を取得する。 …

【SAS】SAS Studio上でカラムの順番を変える方法

今回はSAS Studio上でカラムの順番を変える操作について解説します。 ちなみにカラムの出力順をプログラムで制御する方法は過去の記事で解説しています。(参考:【SAS】FORMATはカラムの出力順 …

【SAS】VERIFYは引数の文字を含まない最初の位置を返す

今回はVERIFYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; Id1=”AAAA”; output; Id1=”ABAB”; output; Id1=”ABCD”; output; …

【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。その2 SQLのSELECT文

今回も”nについて解説します。 (前回:【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)) (参考:Solved: what th …

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …