Ctrl+F Ctrl+R SAS サクラエディタ

【SAS】SASで良く使うテクニック。その12「Ctrl+F」「Ctrl+R」~特定の文字列を検索、置換~【サクラエディタ】

投稿日:

今回はSASで良く使うテクニックということで、特定の文字列を検索、置換したい時は、「Ctrl+F」「Ctrl+R」が役に立つ理由を解説していきます。

以下のようにテーブルがあったとします。(参考:【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)



/* id4 */
data data1;
  id1=1111; id2=1111; id3=1111; id4=1111;
    output;
run;

data1からid1,id2,id3,id4を選択して抽出するSQL文が以下のようにあったとします。(参考:【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)



proc sql;
   create table data2 AS
   select  t1.id1,
           t1.id2,
           t1.id3,
           t1.id4
   from data1 t1;
quit ;

この上記のSQL文を以下のSAS文にリメイクしたいとします。(format文:【SAS】FORMATはカラムの出力順を制御できる | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


data data2;
  format id1
         id2
         id3
         id4;
set data1;
run;

このとき、「t1.」「,」はSQLでは必要でしたが、SASでは不要なため、消したいです。

そこで、一つ一つ消すのも手段の一つですが、もっとスマートなやり方があります。

ここで検索、置換を使う訳です。

BeforeのSQL文をサクラエディタに貼り付けます。

「Ctrl+F」を押し、条件に「t1.」を入力後、該当行マークを押下します。

すると、「t1.」の部分が黄色くマーキングされます。

まずは、この検索機能で確認し、一括置換をしても問題が無いか確認をします。

問題が無ければ、今度は「Ctrl+R」を押下して置換機能を使います。

置換前に「t1.」を入力した状態で「すべて置換」を押下します。(文字列を消したいので、置換後は空欄にしておきます。)

すると、以下のように「t1.」が無くなります。

同様に「,」も消し去れば、「t1.」「,」は無くなるので、

後は必要な箇所を書き換えれば、SAS文の出来上がり。

-Ctrl+F, Ctrl+R, SAS, サクラエディタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】DROPはデータセットから変数を削除する

今回はDROPについて解説します。 (対比:KEEP 【SAS】KEEPはカラムの選択に使える。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)) /* drop_1 */ data …

【SAS】COMPRESS関数は文字列の空白を削除し、詰める。(COMPRESS関数 その1)

今回はCOMPRESS関数について解説します。 /* compress */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1= …

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。

今回はarrayステートメントについて解説します。 /* array */ data data1; array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3; hairetsu(1) = 1111; …

【SAS】ORDER BY句無しで抽出した際の出力順【SQL】

この記事の要約:「ORDER BYを使わない場合、SQLで抽出した際の並び順は保証されない」 SQL文で抽出を行った際に、困ったことが起きました。 同じPG文なのに1回目と2回目で出力結果に違いがある …

【SAS】データセットのエンコードを答えさせる問題【CONTENTS】【SAS Base Programming対策7】

今回はデータセットのエンコードを答えさせる問題について解説します。SAS Base Programming試験を受けたときに出題されました。 data data1; Id1=1111; Id2=111 …