DATE DATEPART DATETIME SAS

【SAS】SAS日時値からSAS日付値に変換する方法【DATEPART】【DATETIME】【DATE】

投稿日:

今回はDATETIMEでSAS日時値を取得した後、SAS日付値に変換する方法について解説していきます。

(つまり、DATETIMEの値からDATEの値に変換する)

(DATETIME:【SAS】DATETIME関数はSAS時間値を取得する。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com))

(DATE:【SAS】TODAY()とDATE()はどちらもSAS日付値を取得する。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com))


data data1;
  id1 = datetime();
run;
  • datetime()からSAS日時値を取得できる。

data data2; set data1;
  id2 = datepart(id1);
run;
  • datepart関数を使う事で、SAS日時値をSAS日付値に変換できる。(datetime→date)

data data3;
  id1 = date();
run;
  • 実際にdate関数を使って取得したSAS日付値と一致することが分かる。

-DATE, DATEPART, DATETIME, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】DROPオプションの位置による処理の違い

今回はDROPオプションの付き方によって、結果が異なるケースを解説します。 /* drop_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=111 …

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。その2

今回はarrayステートメント(その2)について解説します。 以前、過去記事でarrayステートメントについて解説していました。⇒【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。 | …

【SAS】NODUPはソート時に全ての変数における重複を削除する

今回はNODUPについて解説します。 前回NODUPKEYについて解説しました。 【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する 今回のNODUPは前回の文法の亜種という感じです。 /*nodu …

【SAS】SAS日時値から0埋めの時間表記に変換する方法【TOD】【DATETIME】【PUT】

今回はDATETIMEでSAS日時値を取得した後に、TODを使って0埋めの時間表記に変換する方法について解説していきます。 (PUTの形式変換:【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値を …

【SAS】CALL SYMPUTは関数を用いてマクロ変数の代入ができる。

今回はCALL SYMPUTについて解説します。 /*その1*/ data data1; kyo = today(); run; today()は本日の日付をSAS日付で取得する。 /*その2*/ d …