INNER JOIN SAS

【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その2【INNER JOIN】

投稿日:2022年2月6日 更新日:

今回も複数テーブルの結合について解説します。

前回の記事、【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)の続きとなります。


/* inner join_1 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


data data2;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data3 AS
  select * from data1 inner join data2 on data1.Id1 = data2.Id1;
quit;

  • 名前が全く同じ列は表示されない。

/* data1,data2_1 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


data data2;
  Id4=1111; Id5=1111; Id6=1111;
    output;
  Id4=2222; Id5=2222; Id6=2222;
    output;
  Id4=3333; Id5=3333; Id6=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data3 AS
  select * from data1,data2;
quit;

  • from句に複数テーブルあるときは、結合されてデカルト積になる。

/* inner join_2 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


data data2;
  Id4=1111; Id5=1111; Id6=1111;
    output;
  Id4=2222; Id5=2222; Id6=2222;
    output;
  Id4=3333; Id5=3333; Id6=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data3 AS
  select * from data1 inner join data2 on data1.Id1 = data2.Id4;
quit;

  • data1.Id1 = data2.Id4で一致したレコードを結合する。

-INNER JOIN, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】DROPで良く問われる文法【SAS Base Programming対策8】

今回もDROPについて解説します。 過去記事ではDROPの使い方について解説しました。⇒【SAS】DROPはデータセットから変数を削除する | ビジネスイッチ (how-to-business.com …

【SAS】INPUTステートメントは再帰的に型変換ができない。

今回はINPUTステートメントの再帰的な型変換について解説します。 (なお、通常のINPUT型変換の使い方は以下の記事で解説しています。⇒【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する) /*再帰的型 …

【SAS】足し算。その1(+演算子を用いた計算)

今回は+演算子を用いた足し算について解説します。  /* + */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; I …

【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する

今回はNODUPKEYについて解説します。 data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU1″; 数字=1; output; id=”A”; chiku=”SHINJUKU2″ …

【SAS】SUMMARYは集計に便利

今回はSUMMARYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; 契約番号=”AAAAAA”; 会社コード=”02″; 請求金額=4999; output; 契約番号=”AAAAAA” …