LENGTHN SAS SUBSTR

【SAS】SUBSTR関数を使って右から文字列を切り取る方法について解説【LENGTHN】

投稿日:

今回はSUBSTR関数を使って右から文字列を切り取る方法について解説します。

(参考:【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

何故、こんなことをしようと思ったか、についてですが、

当ブログの検索クエリで「substr 右から」の流入が一定数あったので、

扱うことにしました。

SUBSTRは左から「開始位置」と「切り取る文字数」を指定する動きしかできないため、

通常では右から読み取ることはできないです。

そのため、計算式によって読み替えを行います。

(人間的には「右から」ですが、SUBSTR関数が解釈できるように「左から」読み取っても結果が同じになるように、計算式を立てます。)

右から読み取って「cde」になるのを、左から読み取って「cde」になっても結果は同じという理屈です。


/* 1 */
data data1;
 id1="abcde"; id2="abcde"; id3="abcde";
   output;
run;

data data2; set data1;
 n1 = 1;  /*末尾から何文字目を開始位置にするか*/
 n2 = 3;  /*何文字分取りたいか(先頭に向かって)*/
 id4 = lengthn(id1);
 id5 = id4-(n1+n2-1)+1;
 id6 = n2;
 id7 = substr(id1,id5,id6);
run;
  • substr(カラム, 開始位置, 文字数)(参考:【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)
  • id5 = id4-(n1+n2-1)+1;・・・id4-(n1+n2)によって、文字列の長さから右からの開始位置、切り取る長さを間引くことで左から何文字目なのか表現(-1や+1は植木算の調整用)
  • id6 = n2;・・・右から3文字なのか、左から3文字なのかはいずれにしろ3文字のため、ここは通常の使い方と変わらず。
  • 右から開始位置1、3文字分の「cde」が取れた。(実際には、左から開始位置3、3文字分切り取った。)

/* 2 */
data data1;
 id1="abcde"; id2="abcde"; id3="abcde";
   output;
run;

data data2; set data1;
 n1 = 2;  /*末尾から何文字目を開始位置にするか*/
 n2 = 4;  /*何文字分取りたいか(先頭に向かって)*/
 id4 = lengthn(id1);
 id5 = id4-(n1+n2-1)+1;
 id6 = n2;
 id7 = substr(id1,id5,id6);
run;

  • substr(カラム, 開始位置, 文字数)(参考:【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)
  • id5 = id4-(n1+n2-1)+1;・・・id4-(n1+n2)によって、文字列の長さから右からの開始位置、切り取る長さを間引くことで左から何文字目なのか表現(-1や+1は植木算の調整用)
  • id6 = n2;・・・右から4文字なのか、左から4文字なのかはいずれにしろ4文字のため、ここは通常の使い方と変わらず。
  • 右から開始位置2、4文字分の「abcd」が取れた。(実際には、左から開始位置1、4文字分切り取った。)

/* 3 */
data data1;
 id1="abcde"; id2="abcde"; id3="abcde";
   output;
run;

data data2; set data1;
 n1 = 3;  /*末尾から何文字目を開始位置にするか*/
 n2 = 2;  /*何文字分取りたいか(先頭に向かって)*/
 id4 = lengthn(id1);
 id5 = id4-(n1+n2-1)+1;
 id6 = n2;
 id7 = substr(id1,id5,id6);
run;
  • substr(カラム, 開始位置, 文字数)(参考:【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)
  • id5 = id4-(n1+n2-1)+1;・・・id4-(n1+n2)によって、文字列の長さから右からの開始位置、切り取る長さを間引くことで左から何文字目なのか表現(-1や+1は植木算の調整用)
  • id6 = n2;・・・右から2文字なのか、左から2文字なのかはいずれにしろ2文字のため、ここは通常の使い方と変わらず。
  • 右から開始位置3、2文字分の「bc」が取れた。(実際には、左から開始位置2、2文字分切り取った。)

-LENGTHN, SAS, SUBSTR

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】マクロ変数の&&について解説

今回はマクロ変数の&&について解説していきます。 (参考:%PUT 【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その1 | ビジネスイッチ (how-to-busines …

【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その2

今回も%PUTについて解説します。 以下の記事では、%putにより、文字列をログに表示できるという内容でした。 【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その1 /* 1+1 */ % …

【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その2~ELSE IF、ELSE~

前回はIF文のオーソドックスな構文を解説しましたが、今回はELSE IFとELSEを使った構文についても解説していきます。 (参考:【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その1 | ビジネス …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その4 引数違いの同名マクロは区別できない。【%MEND】

今回は引数違いの同名マクロについて解説していきたいと思います。(事前に読んでおきたい記事:【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その3 マクロには引数を設定できる。【%MEND】 | …

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …