SAS SQL SUM 要約関数

【SAS】SUMは足し算をする。その2【要約関数】【SQL】

投稿日:2022年2月13日 更新日:

今回もSQLのSUM(要約関数)について解説します。

過去記事でも、SQLのSUM関数について取り上げました。【SAS】SUMは足し算をする。その1【SQL】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


/* SUM_1 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data2 AS
  select SUM(Id1)
  from data1
quit;

  • SUM(Id1)により、Id1の合計が出力される。(要約関数)

/* SUM_2 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data2 AS
  select SUM(Id1)
  from data1
  group by Id1;
quit;

  • SUM(Id1)により、Id1の合計が出力される。(要約関数)
  • group byにより、Id1ごとにSUM(Id1)が計算される。

/* SUM_3 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=1111; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=2222; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
  Id1=2222; Id2=4444; Id3=4444;
    output;
run;


proc sql;
  create table data2 AS
  select SUM(Id3) AS 合計数量
  from data1
  group by Id1;
quit;

  • SUM(Id3)により、Id3の合計が出力される。(要約関数)
  • group byにより、Id1ごとにSUM(Id3)が計算される。

/* SUM_4 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;


proc sql;
  create table data2 AS
  select *,SUM(Id1)
  from data1
quit;

  • SUM(Id1)により、Id1の合計が出力される。(要約関数)
  • 元のデータに要約関数の結果がマージされる。

-SAS, SQL, SUM, 要約関数

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SASで良く使うテクニック。その9 「Alt+E+S+V+E」~縦横の並び替えを行いたいとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、縦横の並び替えを行いたい時は、「Alt+E+S+V+E」が役に立つ理由を解説していきます。 具体的な使用場面は、 データセットの場合、カラムは横並びですが …

【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する

今回はINPUTについて解説します。 /*8桁*/ data work.a; a = input(“20061228”, 8.); run; 文字型⇒数値型への変換はinputを使う。文字型&#822 …

【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する

今回はNODUPKEYについて解説します。 data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU1″; 数字=1; output; id=”A”; chiku=”SHINJUKU2″ …

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。

今回はarrayステートメントについて解説します。 /* array */ data data1; array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3; hairetsu(1) = 1111; …

【SAS】VERIFYは引数の文字を含まない最初の位置を返す

今回はVERIFYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; Id1=”AAAA”; output; Id1=”ABAB”; output; Id1=”ABCD”; output; …