%SYSFUNC SAS

【SAS】%SYSFUNC関数はデータステップの外でも関数を使えるようにする。

投稿日:2022年1月17日 更新日:

今回は%SYSFUNC関数について解説します。


/* sysfunc_1 */
%put %sysfunc(substr(123456789, 2, 4));

  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。

/* sysfunc_2 */
%put %sysfunc(put(today(),yymmdd10.));

  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。
  • %sysfuncではput関数、input関数は使えない。

/* sysfunc_3 */
%put %sysfunc(putn(%sysfunc(today()),yymmdd10.));

  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。
  • %sysfuncではput関数、input関数は使えない。
  • %sysfuncではputn関数、putc関数、inputn関数、inputc関数が使える。

-%SYSFUNC, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】

今回は複数テーブルの結合について解説します。 /* 複数テーブルの結合_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; …

【SAS】SQLプロシージャはSQLを実行できる。

今回はSQLプロシージャについて解説します。 /* sql_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2 …

【SAS】PATHNAME関数はライブラリのディレクトリパスを返す

今回はPATHNAME関数について解説します。 data data1; Id1 = pathname(“work”); run; pathnameによりライブラリworkのディレクトリパスを代入できる …

【SAS】ABORTは実行を強制終了させる

今回はABORTについて解説します。 /*abort*/ data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU”; output; id=”B”; chiku=”ICHIGAYA”; …

【SAS】KEEPはカラムの選択に使える。

今回はKEEPについて解説していきたいと思います。 DROPと対になる感じで、 DROPが指定したカラムを捨てるのに対し、KEEPは指定したカラムのみ残す動きを取ります。 (参考「DROP」:【SAS …