SAS TRANSPOSE

【SAS】TRANSPOSEは縦持ち、横持ちを変換できる。その1

投稿日:2021年11月9日 更新日:

今回はTRANSPOSEについて解説します。


/* num char char */
data data1;
  NO=1111; CHAR="A"; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR="B"; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR="C"; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR="D"; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR="E"; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR="F"; MOJI="FFFF";
    output;

run;


proc transpose data=data1 out=data2; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOを横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varが無いと、数値型の列で縦横の置換が起こる。

/* char num char */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;

run;


proc transpose data=data1 out=data2; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのCHARを横持ちにしている。
  • 変数名CHARは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varが無いと、数値型の列で縦横の置換が起こる。

/* num num char */
data data1;
  NO=1111; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNO,CHARを横持ちにしている。
  • 変数名NO,CHARは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varが無いと、数値型の列で縦横の置換が起こる。

/* num char char var有 */
data data1;
  NO=1111; CHAR="A"; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR="B"; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR="C"; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR="D"; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR="E"; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR="F"; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOを横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。

/* char num char var有 */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOを横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • varには文字型の変数も指定できる。

/* num num char var有 */
data data1;
  NO=1111; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOを横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • varには数値型の変数も指定できる。

/* var複数 */
data data1;
  NO=1111; CHAR="A"; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR="B"; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR="C"; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR="D"; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR="E"; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR="F"; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO CHAR MOJI; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNO,CHAR,MOJIを横持ちにしている。
  • 変数名NO,CHAR,MOJIは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • varには複数の変数も指定できる。

/* var by */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var MOJI; by NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのMOJIをNOごとに横持ちにしている。
  • 変数名MOJIは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(A,B)

/* by var */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; by NO; var MOJI; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのMOJIをNOごとに横持ちにしている。
  • 変数名MOJIは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(A,B)
  • varとbyを入れ替えても実行できる。

/* by 数値型 */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO; by CHAR; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOをCHARごとに横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,値はCOL1になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(1111, 2222…)
  • byには数値型の変数も指定できる。

/* varとbyで同じ変数 */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; var NO; by NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOをNOごとに横持ちにしている。
  • 変数名NOは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • varにより置換する列を指定できる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(A,B)
  • varとbyで同じ変数を指定しても、置換できる。

/* byのみ */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; by NO; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのCHARをNOごとに横持ちにしている。
  • 変数名CHARは_NAME_,各値はCOL1,COL2…になる。
  • 数値型の列で縦横の置換が起こる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(A,B)
  • byだけで、varが無くても置換はされる。

/* by 数値型 */
data data1;
  NO="A"; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO="A"; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO="A"; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO="B"; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO="B"; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO="B"; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;


proc transpose data=data1 out=data2; by CHAR; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 今回は、置換はされていない。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(1111,2222…)
  • 数値型の列がbyで指定されているため、varが無い限りは、置換されない。

/* id */
data data1;
  NO=1111; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;

proc transpose data=data1 out=data2; var MOJI; by NO; id CHAR; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのMOJIをNOごとに横持ちにしている。
  • 変数名MOJIは_NAME_,各値は1111,2222…になる。
  • varにより、置換する列を指定できる。
  • byにより、グループ単位を指定できる。(1111,2222…)
  • idにより、横持ちの際にさらにグループ分けできる。

/* idのみ */
data data1;
  NO=1111; CHAR=1111; MOJI="AAAA";
    output;
  NO=2222; CHAR=2222; MOJI="BBBB";
    output;
  NO=3333; CHAR=3333; MOJI="CCCC";
    output;
  NO=4444; CHAR=4444; MOJI="DDDD";
    output;
  NO=5555; CHAR=5555; MOJI="EEEE";
    output;
  NO=6666; CHAR=6666; MOJI="FFFF";
    output;
run;

proc transpose data=data1 out=data2; id CHAR; run;

  • TRANSPOSEにより、縦横を入れ替えることができる。
  • 縦持ちのNOを横持ちにしている。
  • 数値型の列(NO)で縦横の置換が起こる。
  • idだけで、varが無くても置換はされる。
  • 数値型の列(CHAR)がidで指定されているため、残った数値型の列(NO)で置換される。

-SAS, TRANSPOSE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】PROC PRINTTO LOGはログをファイルとして出力する。【NEW】

今回はPROC PRINTTO LOGについて解説します。 /* log_1 */ proc printto log = “/home/xxxxxxxxxx/sasuser.log” new; run …

【SAS】WHEREステートメントはIFステートメントと同様に処理条件を設定できる。(分岐)

今回はWHEREステートメントについて解説します。 /* where */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”B …

【SAS】オブザベーションを跨いだ計算【RETAIN】【SAS Base Programming対策4】

/* retain */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222; output; …

【SAS】PRINTプロシージャは入力データセットの中身を結果に表示する【obs=】

今回はPRINTプロシージャについて解説します。 /* print */ data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAAAA” …

【SAS】0による除算【SAS Base Programming対策3】

今回は0による除算(割り算)を解説します。 数学では「0で割れない」とか、極限の単元だと「∞に発散する」とか言われますが、SASで0による除算を行うとどうなるのか触れていきます。 知ってるか知らないか …