SAS TRANSTRN

【SAS】TRANSTRN関数は指定した文字を別の文字に変換する。

投稿日:2022年1月14日 更新日:


/* a */
data data1;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
run;

data data2; set data1;
  Id3 = transtrn(Id1,"a","A");
run;

  • transtrnにより”a”を”A”に変換している。

/* b */
data data1;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
  Id1="abcd"; Id2="ABCD";
    output;
run;

data data2; set data1;
  Id3 = transtrn(Id1,"b","");
run;

  • transtrnにより”b”を””に変換している。
  • “”に変換しようとしても、空白として残る。

-SAS, TRANSTRN

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】VERIFYは引数の文字を含まない最初の位置を返す

今回はVERIFYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; Id1=”AAAA”; output; Id1=”ABAB”; output; Id1=”ABCD”; output; …

【SAS】足し算。その1(+演算子を用いた計算)

今回は+演算子を用いた足し算について解説します。  /* + */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; I …

【SAS】TITLEステートメントは「結果」にタイトルを付けられる

今回はTITLEステートメントについて解説します。 data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAAAA”; コード=”05″; …

【SAS】オブザベーションを跨いだ計算【RETAIN】【SAS Base Programming対策4】

/* retain */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222; output; …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その6 「名前ボックス」~指定したセルに飛びたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、指定したセルに飛びたい時は「名前ボックス」が役に立つ理由を解説していきます。 以前の記事で「Ctrl+R」や「Ctrl+D」を用いた例を紹介してきました。 …