CREATE OR REPLACE SCHEMA Snowflake SQL

【SQL】【Snowflake】スキーマの更新【CREATE OR REPLACE SCHEMA】

投稿日:

今回は、Snowflake上でスキーマを更新する方法について、解説します。


-- 更新用
create or replace schema DB1.SCHEMA1;
  • スキーマSCHEMA1の新規作成(更新)
  • CREATE OR REPLACE SCHEMA文では、指定したスキーマを新規作成(更新)できる。

-- 更新用
-- 1回目
create or replace schema DB1.SCHEMA1;


-- 2回目
create or replace schema DB1.SCHEMA1;
↑ 1回目実行時のキャプチャ
↑ 2回目実行時のキャプチャ
  • スキーマSCHEMA1の新規作成(更新)
  • CREATE OR REPLACE SCHEMA文では、指定したスキーマを新規作成(更新)できる。
  • 指定した場所に同名のスキーマが既にある場合は、更新となる。

【内部メモ】

テーブルが入っている状態での更新

-CREATE OR REPLACE SCHEMA, Snowflake, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】DISTINCTは重複をユニークにする。【SQL】

今回はSQL文のDISTINCTについて解説します。 /* Id1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=1111; output; Id1 …

【SAS】サブクエリについて解説

今回はSQLのfrom句にサブクエリを使用した場合の動きについて、解説します。 [from句] まずは通常のSQLプロシージャから。 /* サブクエリ(from句_1) */ data data1; …

【SAS】【SQL】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】【Snowflake】

今回は複数テーブルの結合について解説します。 /* 複数テーブルの結合_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; …

no image

【SQL】【Snowflake】ストアドプロシージャを利用する方法【CREATE OR REPLACE PROCEDURE】【DROP PROCEDURE】【SHOW PROCEDURES】【CALL】

今回はSnowflakeでストアドプロシージャを利用する方法について解説していきます。 テーブルの作成 まず、テーブルを新規作成します。 (参考:【SQL】【Snowflake】テーブルの更新【CRE …

【SAS】ORDER BY句無しで抽出した際の出力順【SQL】

この記事の要約:「ORDER BYを使わない場合、SQLで抽出した際の並び順は保証されない」 SQL文で抽出を行った際に、困ったことが起きました。 同じPG文なのに1回目と2回目で出力結果に違いがある …