CREATE OR REPLACE TABLE Snowflake SQL

【SQL】【Snowflake】テーブルの更新【CREATE OR REPLACE TABLE】

投稿日:2023年10月23日 更新日:

今回は、SQLでテーブルを更新する方法について解説します。

(関連記事:テーブルの新規作成 【SQL】【Snowflake】テーブルの新規作成【CREATE TABLE】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


-- create or replace table1-
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA1
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10)
);
  • テーブルDATA1の新規作成(更新)
  • create or replace table文では、指定したDB>スキーマ内にテーブルを新規作成(更新)できる。
  • 項目名や型、長さを定義している。
  • 項目定義の記載の前後にはカッコが必要。

-- create or replace table2-
-- 1回目実行 
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA1
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10)
);
-- 2回目実行 
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA1
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10)
);
↑ 1回目実行時のキャプチャ
↑ 2回目実行時のキャプチャ
  • テーブルDATA1の新規作成→上書き作成
  • create or replace table文では、指定したDB>スキーマ内にテーブルを新規作成 or 更新できる。
  • 指定した場所に同名のテーブルが既にある場合は、更新となる。
  • 項目名や型、長さを定義している。
  • 項目定義の記載の前後にはカッコが必要。

-CREATE OR REPLACE TABLE, Snowflake, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】サブクエリについて解説

今回はSQLのfrom句にサブクエリを使用した場合の動きについて、解説します。 [from句] まずは通常のSQLプロシージャから。 /* サブクエリ(from句_1) */ data data1; …

【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。その2 SQLのSELECT文

今回も”nについて解説します。 (前回:【SAS】”nは本来使用できない文字を使用可能にする。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)) (参考:Solved: what th …

no image

【SQL】【Snowflake】スキーマを新規作成する方法【CREATE SCHEMA】

今回は、Snowflake上でスキーマを新規作成する方法について、解説します。 — 新規作成用 create schema DB1.SCHEMA1; スキーマ「SCHEMA1」の新規作成 CREAT …

no image

【SQL】【Snowflake】ストアドプロシージャをスケジュール実行する方法【タスク】【CREATE OR REPLACE TASK】

今回は、登録したストアドプロシージャをスケジュール登録し、自動走行する方法について解説します。 テーブルの作成(更新):【SQL】【Snowflake】テーブルの更新【CREATE OR REPLAC …

no image

【SQL】【Snowflake】SQLで変数を利用する方法【SET】【$】

今回はSQLを使って、変数を使用する方法について解説します。 まず事前準備としてテーブルを作成します。 (参考:【SQL】【Snowflake】テーブルの更新【CREATE OR REPLACE TA …