LAG OVER Snowflake SQL

【SQL】【Snowflake】LAG関数で他レコードを参照する【LAG】【OVER】

投稿日:

今回は、SQLのLAG関数で他レコードを参照する方法について解説します。


-- create or replace table1-
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA1
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10)
);


-- プロシージャ定義
CREATE OR REPLACE PROCEDURE DB1.PUBLIC.INSERT_PROC1()

RETURNS VARCHAR
LANGUAGE SQL
AS
BEGIN

INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('1111', '1111');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('2222', '2222');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('3333', '3333');

END;


-- プロシージャ呼び出し
CALL DB1.PUBLIC.INSERT_PROC1();

select lag("id1",1) over(order by "id1")
from DB1.PUBLIC.DATA1;
  • LAG関数による他レコードの参照
  • lag(“id1”,1)・・・他レコードの”id1″の値を参照
  • lag(“id1”,1)・・・1レコード手前のレコードを参照
  • over(order by “id1”)・・・他レコードを参照する際に、”id1″の並び順で遡る。

-LAG, OVER, Snowflake, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【SQL】【Snowflake】スキーマの更新【CREATE OR REPLACE SCHEMA】

今回は、Snowflake上でスキーマを更新する方法について、解説します。 — 更新用 create or replace schema DB1.SCHEMA1; スキーマSCHEMA1の新規作成( …

no image

【SQL】【Snowflake】テーブルの削除【DROP TABLE】

今回は、SQLでテーブルを削除する方法について解説します。 (関連記事:テーブルの新規作成 【SQL】【Snowflake】テーブルの新規作成【CREATE TABLE】 | ビジネスイッチ (how …

【SAS】「NOTE: PROC SQLはNOEXECオプションを設定し、ステートメントの構文をチェックします。」の対処法

今回はSQLプロシージャを実行した際に、NOEXECオプションを使用していないにも関わらず、 勝手にNOEXECオプションが有効になってしまう場合の対処法について解説します。 結論:構文エラーを正す。 …

no image

【SQL】【Snowflake】SQLで変数を利用する方法【SET】【$】

今回はSQLを使って、変数を使用する方法について解説します。 まず事前準備としてテーブルを作成します。 (参考:【SQL】【Snowflake】テーブルの更新【CREATE OR REPLACE TA …

no image

【SQL】【Snowflake】スキーマを削除する方法【DROP SCHEMA】

今回は、Snowflake上でスキーマを削除する方法について、解説します。 — 削除用 drop schema DB1.SCHEMA1; スキーマSCHEMA1の削除 DROP SCHEMA文では、 …