Excel

ファイルを移動させる[Name … As …]

投稿日:2020年5月5日 更新日:

今回はVBAでファイルを移動させる方法について記事にします。

まずはソースコードを準備します。


Sub ファイル移動()

    before_file_path = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Cells(1, 2).Value

    after_file_path = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Cells(3, 2).Value

    Name before_file_path As after_file_path

End Sub

ソースコードの内容としては、B1セルの値を「before_file_path」に代入し、B3セルの値を「after_file_path」に代入します。

「before_file_path」のパスに存在するファイルを「after_file_path」のパスに移動します。

[C:\新しいフォルダー\移動前]フォルダー内に[test1.txt]を準備します。

以下のようにシートを準備します。

B1セルには移動前の[test1.txt]が存在するファイルパスを入力し、B3セルには移動後のファイルパスを入力します。移動のついでにファイル名も[test2.txt]に変更されます。

マクロを実行すると、[C:\新しいフォルダー\移動後]フォルダー内に[test2.txt]が格納されたことが確認できます。

今回の記事は以上です。

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SASで良く使うテクニック。その3 「Ctrl+D」~データセットのオブザベーション数が多いとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットのオブザベーション数(行数)が多いときは「Ctrl+D」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その2 「Ctrl+R」~データセットの列数が多いとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの列数が多いときは「Ctrl+R」が役に立つ理由を解説していきます。 データセットのコンペアを行う場面を想定します。 先に以下の2記事を読んで …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その7 「条件付き書式」~差分があるセルに色を付けたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットのコンペアにおいて、差分があるセルに色を付けたい時ときは「条件付き書式」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使う …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その6 「名前ボックス」~指定したセルに飛びたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、指定したセルに飛びたい時は「名前ボックス」が役に立つ理由を解説していきます。 以前の記事で「Ctrl+R」や「Ctrl+D」を用いた例を紹介してきました。 …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その8 「=」~修正前後のプログラムを比較したい時~【Excel】【VBA】

今回はSASで良く使うテクニックということで、修正前後のプログラムを比較したい時は、「=」が役に立つ理由を解説していきます。(このテクニックはコーディングなら、SASに限らず、VBAでも他のどの言語で …