ライフハック

会社の退職を考えるタイミング3選

投稿日:2020年6月17日 更新日:

今回は、会社の退職を考えるタイミング3選について記事にします。

会社員として働いていて、待遇面、人間関係などで不平不満等が無ければ、会社で働き続けるという姿勢で良いと思います。

今回の記事は、今の会社で働くことに違和感があるけれども、退職することを渋っている方向けの記事です。

[目次]

1.1年経過時

勤続年数が1年たったのであれば、仕事としては浅いながらも、一巡した頃ではないでしょうか。

自分に合わないと判断したのであれば、早めに辞めることで機会損失が少なくなります。

独立がしやすいIT系エンジニアであれば、勤続年数1年でもフリーランスになることは十分可能です。

ただし、世間一般的には早すぎると判断されることも多いため、かなり引き留められると思います。

意思を一切曲げる気が無いと徹底した姿勢を取るか、次の就職先などで内定を貰っているなど、覆りようのない状況を作ることで引き留めをされにくくなります。

2.3年経過時

世間的には、3年を目安に言われることが多いため、このラインをクリアしたタイミングであれば、早すぎるという理由で引き留められることは少ないと思います。

このタイミングで、今の仕事に違和感を感じるようであれば、今の会社に居続けるのか、転職するのか見直してみるのも良いかもしれません。

3.5年経過時

この頃には、若手から中堅と呼ばれるようになると思います。

この頃にそこそこ仕事ができるレベルであれば、今の会社で主任になることを視野に入れる頃かもしれません。

独立するということであれば、フリーランスでは無双できるかもしれません。


今回の記事は以上です。

-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関わりたくない人の特徴6選

このテーマは少し前に色んなビジネス系YouTuberの方々が取り上げていた話題であり、少し古いネタですが、気にせず扱っていこうと思います。 「このブログの筆者はこのように考えているのか。」というように …

[有益]不平不満はアイデアの種になる

以前、不平不満は良くないという内容で記事を書きました。 [閲覧注意]去るべき環境5選 しかし、適切な行動によって有効活用することができるという内容で今回、記事にしました。 [目次] 1.不平不満は口に …

引き留め交渉時にしておくべき行動6選

今回は、引き留め交渉時にしておくべき行動6選について記事にします。 私が会社を退職した時の経験を元に、もっとこうしていれば良かった、もしくはこの対応で正解だったというものを記事にしていきます。 個人的 …

[閲覧注意]去るべき環境5選

今回は去るべき環境5選について記事にします。 あくまでも私の個人的な意見ですので、共感できる点、共感できない点があるかと思います。 また、私自身が現在20代でまだまだ未熟な部分が多くありますが、未熟な …

お金を貯める思考法7選

今回はお金を貯める思考法について記事にします。 お金について過去の記事でも書きました。 貧富の差が広がる理由3選 今回はさらに、別の切り口で記事にしました。 人によっては当てはまらないケース、または反 …