Excel

Enum(列挙型)の使い方

投稿日:2020年4月5日 更新日:

今回はEnumの使い方について解説します。(参考元:moug

Excelではいくつかの色にインデックス番号が割り振られており、ColorIndexプロパティに対応した数値を当てはめると、今回ではA1セルに入力した文字が黒色→赤色となります。
以下ソースコードを実行します。


Enum FontColor
    Normal = 0
    Black = 1
    White = 2
    Red = 3
    Green = 4
    Blue = 5
    Yellow = 6
End Enum

Sub 色を付ける()


    Range("A1").Font.ColorIndex = FontColor.Red     '列挙したFontColorのRedを選ぶ(3番)
                                                    'A1の文字を赤色に変える。

End Sub

実行結果として、A1の中身が黒→赤となりました。

実は「FontColor.」まで入力すると、Enumを使って列挙していた選択肢がリストとして表示されます。

ColorIndexプロパティで対応した番号はBlack(1),  White(2),  Red(3) … etcとなっています。Microsoftの公式サイトでその他のColorIndex番号について確認することができます。

直接番号を指定しても動作は変わらないですが、Enumを使うことでリストから選択できるようになり、コーディング中に繰り返し登場するなら、こちらの方が楽になります。
また、最初に選択肢を列挙していくので、可読性が上がります。

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

CSVファイルを取り込んで並び替える

VBAでCSVファイルを取り込んで並び替える処理を記事にします。 CSVファイルとマクロ有効ファイルを一つずつ準備します。 in00.csvの中身は以下の内容で準備します。 [ボタンシート]にマクロを …

コマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法

今回はExcelのシートにコマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法について解説します。 [目次] 1.通常のマクロ実行2.コマンドボタンでマクロ実行 1.通常のマクロ実行 通常マクロを実行するとき …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その6 「名前ボックス」~指定したセルに飛びたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、指定したセルに飛びたい時は「名前ボックス」が役に立つ理由を解説していきます。 以前の記事で「Ctrl+R」や「Ctrl+D」を用いた例を紹介してきました。 …

Excelのリスト化でファイルが壊れる件

訳あってVBAでセルをリスト化する機会があり、今回はその時躓いたことを記事にしました。 [目次] 1.起こったバグ2.原因3.対処法 1.起こったバグ セルをリスト化するものとして、今回は以下のソース …

For Eachの使い方

今回はVBAのFor Eachについて解説します。 シート上は特に準備することが無く、以下のソースコードを実行します。 Sub For_Each() ‘For Each プロシージャ Dim cell …