Excel

Excelのリスト化でファイルが壊れる件

投稿日:2020年4月7日 更新日:

訳あってVBAでセルをリスト化する機会があり、今回はその時躓いたことを記事にしました。

[目次]

1.起こったバグ

セルをリスト化するものとして、今回は以下のソースコードを用意します。


Sub リスト化()

    '文字列で指定

        Dim list_choice_chars As String                             'リスト化するための選択肢文字列
    
        list_choice_chars = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Cells(1, 5).Value

        With ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
            With .Cells(1, 4).Validation                        'D1をリストにする
    
            .Delete
            .Add Type:=xlValidateList, AlertStyle:=xlValidAlertStop, Operator:=xlBetween, Formula1:=list_choice_chars
            
            End With
            
        End With
End Sub

E1セルに256文字の文字列を入力した状態で実行します。(B列には1~100まで記載してありますが、最後の方で触れます。)

実行するとD1セルがリストで入力できるようになります。

ところが、ファイルを保存して再び開こうとするとファイルが壊れました。

2.原因

そして今度はE1に255文字入力した状態にします。

実行するとD1セルがリストで入力できるようになります。

こちらは問題なく保存できました。どうやらリスト化には文字数制限があるかもしれません。

そこでデータの入力規則で何文字入るか確認してみると255文字まで入力できますが、256文字目以降は入力ができませんでした。

エクセルの入力ルール上ではこれ以上入力ができないため、バグが起こらないです。

一方、VBAだと変数に文字列を代入する際、文字数制限が無いため、マクロ実行では通ってしまい、その結果、ファイル保存の際に壊れてしまうみたいです。

3.対処法

リスト化をする際、座標指定にすればVBAでも問題はなくなります。
というわけで以下がソースです。


Sub リスト化()

    '座標で指定
        With ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
            With .Cells(1, 1).Validation                        'A1をリストにする
    
            .Delete
            .Add Type:=xlValidateList, AlertStyle:=xlValidAlertStop, Operator:=xlBetween, Formula1:="=$B$1:$B$100"
            
            End With
            
        End With

End Sub

B列に1~100まで記載し、A1セルをリスト化しましたが、保存して閉じても、問題なくファイルを開き直すことができました。

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法

今回はExcelのシートにコマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法について解説します。 [目次] 1.通常のマクロ実行2.コマンドボタンでマクロ実行 1.通常のマクロ実行 通常マクロを実行するとき …

セルに値を設定する【Excel】【VBA】

今回はExcelのセルに値を設定する方法をご紹介します。 以下のようにソースコードを記述します。 Sub 値設定() Dim a1 As String a1 = “あいうえお“ …

For Eachの使い方

今回はVBAのFor Eachについて解説します。 シート上は特に準備することが無く、以下のソースコードを実行します。 Sub For_Each() ‘For Each プロシージャ Dim cell …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その9 「Alt+E+S+V+E」~縦横の並び替えを行いたいとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、縦横の並び替えを行いたい時は、「Alt+E+S+V+E」が役に立つ理由を解説していきます。 具体的な使用場面は、 データセットの場合、カラムは横並びですが …

【Excel】リスト化をIndirectで実行する際の文字制限

セルをIndirectで動的にリスト化しようとした際、躓いたことを記事にします。 まずは、シート上を以下のように準備します。 B1をA1の内容に合わせて動的にリスト化します。例えば、A1に北海道と入力 …