ATTRIB PUT SAS

【SAS】ATTRIBによる形式変換とPUTによる形式変換の違いを解説

投稿日:

今回は、ATTRIBによる形式変換とPUTによる形式変換の違いを解説します。

結論:ATTRIBは入力項目が数値型、文字列型どちらにも対応できるが、

   PUTは入力項目が数値型の時しか使えない。

(参考:【SAS】ATTRIBの使い方を解説 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考:【SAS】PUTはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する【DATE】【YYMMDD】【DATETIME】【TIME】【TOD】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


/* attrib_1 */
data data1;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
run;


data data2; set data1;
  attrib id4 format=date9. ;
  id4 = id1;
run;

  • attrib-formatは”22229″⇒10NOV2020に形式変換する。

/* attrib_2 */
data data1;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
run;


data data2; set data1;
  attrib id4 format=date9. ;
  id4 = id1;
run;
  • attrib-formatは22229⇒10NOV2020に形式変換する。

/* put_1 */
data data1;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
 id1="22229"; id2="22229"; id3="22229";
   output;
run;


data data2; set data1;
  id4 = put(id1, date9.);
run;
  • putは”22229″を型変換できない。

/* put_2 */
data data1;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
 id1=22229; id2=22229; id3=22229;
   output;
run;


data data2; set data1;
  id4 = put(id1, date9.);
run;
  • putは22229⇒10NOV2020に形式変換する。

-ATTRIB, PUT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】FIRST, LAST↔SORT NODUPKEYの変換

今回はfirst, last↔SORT NODUPKEYの変換について解説します。 結論を先に書くと、変換できる場合、変換できない場合とがあります。 /*sort1*/ data dat …

【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する

今回はNODUPKEYについて解説します。 data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU1″; 数字=1; output; id=”A”; chiku=”SHINJUKU2″ …

【SAS】PUTステートメントは再帰的に型変換ができない。

今回はPUTステートメントの再帰的な型変換について解説します。 (なお、通常のPUT型変換の使い方は以下の記事で解説しています。⇒【SAS】PUTは数値型を文字型に変換する | ビジネスイッチ (ho …

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。その2 再帰的使用

今回はSUBSTR関数の再帰的使用について解説していきます。 /* 再帰的 */ data data1; id1=”123456789″; output; run; data data2; set d …

【SAS】ROUNDは四捨五入して数値を丸める

今回はROUNDについて解説します。 /* 正常形 */ data work.data1; _100 = round(1234.56789, 100); _10 = round(1234.56789, …