COALESCE SAS

【SAS】COALESCEはNULLを数字に置き換える

投稿日:2021年10月12日 更新日:

今回はCOALESCEについて解説します。


/*coalesce 正常形*/
data data1;
  id="A"; chiku=1111;
    output;
  id="B"; chiku=2222;
    output;
  id="C"; chiku=3333;
    output;
  id="D"; chiku=.;
    output;
run;


data data2; set data1;
  chiku = coalesce(chiku,4444);
run;

  • coalesceはchikuがNULLのときに4444を埋める。
  • coalesceは数値型のみ使える。

/*coalesce 文字列+文字列*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
  id="D"; chiku="";
    output;
run;


data data2; set data1;
  chiku = coalesce(chiku,"TOKYO");
run;

  • coalesceはchikuがNULLのときに”TOKYO”を埋めようとする?(埋められない)。
  • coalesceは数値型のみ使える。
  • chikuの文字列をNULLとして扱っている(?)
  • “TOKYO”を入れられないからNULLになった(?)

/*coalesce 文字列+数値*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU";
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA";
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA";
    output;
  id="D"; chiku="";
    output;
run;


data data2; set data1;
  chiku = coalesce(chiku,4444);
run;

  • coalesceはchikuがNULLのときに4444を埋めようとする。
  • coalesceは数値型のみ使える。
  • chikuの文字列をNULLとして扱っている(?)
  • 全てNULLとして扱ったために、全て4444になった(?)

/*coalesce 数値+文字列*/
data data1;
  id="A"; chiku=1111;
    output;
  id="B"; chiku=2222;
    output;
  id="C"; chiku=3333;
    output;
  id="D"; chiku=.;
    output;
run;


data data2; set data1;
  chiku = coalesce(chiku,"TOKYO");
run;
  • coalesceはchikuがNULLのときに”TOKYO”を埋めようとする?(埋められない)。
  • coalesceは数値型のみ使える。
  • “TOKYO”を入れられないからNULLはNULLのまま。

-COALESCE, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】DROPで良く問われる文法【SAS Base Programming対策8】

今回もDROPについて解説します。 過去記事ではDROPの使い方について解説しました。⇒【SAS】DROPはデータセットから変数を削除する | ビジネスイッチ (how-to-business.com …

【SAS】TIME関数はSAS時間値を取得する。

今回はTIME関数について解説します。 /* time_1 */ data data1; Id1 = time(); run; time()により、SAS時間値を取得する。 /* time_2 */ …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その8 「=」~修正前後のプログラムを比較したい時~【Excel】【VBA】

今回はSASで良く使うテクニックということで、修正前後のプログラムを比較したい時は、「=」が役に立つ理由を解説していきます。(このテクニックはコーディングなら、SASに限らず、VBAでも他のどの言語で …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。【%MEND】

今回はマクロについて解説していきたいと思います。 %macro data1; data data1 ; id1=”1111″; id2=”1111″; id3=”1111″; output; id1= …

【SAS】ORDER BY句無しで抽出した際の出力順【SQL】

この記事の要約:「ORDER BYを使わない場合、SQLで抽出した際の並び順は保証されない」 SQL文で抽出を行った際に、困ったことが起きました。 同じPG文なのに1回目と2回目で出力結果に違いがある …