FIRST, LAST SAS

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

投稿日:2021年10月23日 更新日:

今回はfirst, lastについて解説します。



/*first last1*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if first.番号 = 1;
run;


  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last2*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if last.番号 = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。


/*first last3*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if first.日付 = 1;
run;


  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last4*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if last.日付 = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last5*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU1"; 数字=1;
    output;
  id="A"; chiku="SHINJUKU1"; 数字=2;
    output;
  id="A"; chiku="SHINJUKU2"; 数字=3;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA1"; 数字=4;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA1"; 数字=5;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA2"; 数字=6;
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA"; 数字=7;
    output;
run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by id chiku; run;


data data3; set data2; by id chiku;
  if first.chiku = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • idで昇順に並び替え、同順位ならchikuでさらに並べ替える。

実はこれ、以前紹介したNODUPKEYと同じ挙動になります。

-FIRST, LAST, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。

今回はarrayステートメントについて解説します。 /* array */ data data1; array hairetsu(3) Id1 Id2 Id3; hairetsu(1) = 1111; …

【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計をする その2【LIST】【CROSSLIST】【NOROW】【NOCOL】

今回はFREQプロシージャにオプションを用いた場合について解説します。  FREQプロシージャの基本的な使い方については過去記事で解説しています。⇒【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計 …

【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルールを定義し、値を書き換える

今回はFORMATプロシージャについて解説します。 /* format */ data data1; 番号=”111111″; test = 10; output; 番号=”222222″; test …

【SAS】足し算。その2(SUM関数を用いた計算)

今回はSUM関数を用いた足し算について解説します。  (前回は+演算子を用いた足し算について解説しました。⇒【SAS】足し算。その1(+演算子を用いた計算)) /* sum */ data …

【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その1 昇順

今回はSORTプロシージャについて解説します。 /*sort1*/ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; output; id1=”1111″; id2=”2222″ …