FIRST, LAST SAS

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

投稿日:2021年10月23日 更新日:

今回はfirst, lastについて解説します。



/*first last1*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if first.番号 = 1;
run;


  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last2*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if last.番号 = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。


/*first last3*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if first.日付 = 1;
run;


  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last4*/
data data1;
  番号="1111"; 日付="20210331";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210401";
    output;
  番号="1111"; 日付="20210402";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210331";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210401";
    output;
  番号="2222"; 日付="20210402";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210331";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210401";
    output;
  番号="3333"; 日付="20210402";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210331";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210401";
    output;
  番号="4444"; 日付="20210402";
    output;

run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by 番号 日付; run;


data data3; set data2; by 番号 日付;
  if last.日付 = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • 番号で昇順に並び替え、同順位なら日付でさらに並べ替える。

/*first last5*/
data data1;
  id="A"; chiku="SHINJUKU1"; 数字=1;
    output;
  id="A"; chiku="SHINJUKU1"; 数字=2;
    output;
  id="A"; chiku="SHINJUKU2"; 数字=3;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA1"; 数字=4;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA1"; 数字=5;
    output;
  id="B"; chiku="ICHIGAYA2"; 数字=6;
    output;
  id="C"; chiku="SHIBUYA"; 数字=7;
    output;
run;



proc sort data=data1 out=data2 ; by id chiku; run;


data data3; set data2; by id chiku;
  if first.chiku = 1;
run;

  • sort におけるby~とfirst, lastにおける by~は基本的に同じである必要がある。
  • idで昇順に並び替え、同順位ならchikuでさらに並べ替える。

実はこれ、以前紹介したNODUPKEYと同じ挙動になります。

-FIRST, LAST, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …

【SAS】SETステートメントに複数データセットを設定すると縦結合できる

今回はSETについて解説します。 /* 1~7 */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】%SYSFUNC関数はデータステップの外でも関数を使えるようにする。

今回は%SYSFUNC関数について解説します。 /* sysfunc_1 */ %put %sysfunc(substr(123456789, 2, 4)); %sysfuncにより、関数をデータステ …

【SAS】PATHNAME関数はライブラリのディレクトリパスを返す

今回はPATHNAME関数について解説します。 data data1; Id1 = pathname(“work”); run; pathnameによりライブラリworkのディレクトリパスを代入できる …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その2 「Ctrl+R」~データセットの列数が多いとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの列数が多いときは「Ctrl+R」が役に立つ理由を解説していきます。 データセットのコンペアを行う場面を想定します。 先に以下の2記事を読んで …