FORMAT SAS

【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルールを定義し、値を書き換える

投稿日:2021年12月1日 更新日:

今回はFORMATプロシージャについて解説します。


/* format */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;
    output;
  番号="222222"; test = 20;
    output;
  番号="333333"; test = 30;
    output;
  番号="444444"; test = 40;
    output;
  番号="555555"; test = 50;
    output;
  番号="666666"; test = 60;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
  51 - 100 = 'High';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。

/* test1 */
data data1;
  番号="111111"; test1 = 10;
    output;
  番号="222222"; test1 = 20;
    output;
  番号="333333"; test1 = 30;
    output;
  番号="444444"; test1 = 40;
    output;
  番号="555555"; test1 = 50;
    output;
  番号="666666"; test1 = 60;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50   = 'Low'
              51 -   100  = 'High';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • data1にtestという変数は無いため、WARNINGとなる。

/* 110 */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;
    output;
  番号="222222"; test = 20;
    output;
  番号="333333"; test = 30;
    output;
  番号="444444"; test = 40;
    output;
  番号="555555"; test = 60;
    output;
  番号="666666"; test = 110;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50   = 'Low'
              51 -   100  = 'High';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 「point」のルールにない値はそのまま表示される。

/* High2 */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;
    output;
  番号="222222"; test = 20;
    output;
  番号="333333"; test = 30;
    output;
  番号="444444"; test = 40;
    output;
  番号="555555"; test = 60;
    output;
  番号="666666"; test = 110;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50   = 'Low'
              51 -   100  = 'High'
              110-   200  = 'High2';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’、110 – 200 = ‘High2’とする「point」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 「point」のルールが3つ以上でもいける。

/* point point2 */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;  test1 = 10;
    output;
  番号="222222"; test = 20;  test1 = 20;
    output;
  番号="333333"; test = 30;  test1 = 30;
    output;
  番号="444444"; test = 40;  test1 = 40;
    output;
  番号="555555"; test = 50;  test1 = 50;
    output;
  番号="666666"; test = 60;  test1 = 60;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
              51 - 100  = 'High'
       point2 1  -   50 = 'Low1'
              51 - 100  = 'High1';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
  format test1 point2.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low1’、51 – 100 = ‘High1’とする「point2」というルールを設定したい。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 変数test1をpoint2.のフォーマットルールで書き換えたい。
  • 複数のフォーマットルールは1文で書けない。

/* point point2(2) */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;  test1 = 101;
    output;
  番号="222222"; test = 20;  test1 = 200;
    output;
  番号="333333"; test = 30;  test1 = 300;
    output;
  番号="444444"; test = 40;  test1 = 400;
    output;
  番号="555555"; test = 50;  test1 = 500;
    output;
  番号="666666"; test = 60;  test1 = 600;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
              51 - 100  = 'High'
       point2 101  -150 = 'Low1'
              151 - 200 = 'High1';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
  format test1 point2.;
run; 


  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • formatプロシージャにより101 – 150 = ‘Low1’、151 – 200 = ‘High1’とする「point2」というルールを設定したい。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 変数test1をpoint2.のフォーマットルールで書き換えたい。
  • 複数のフォーマットルールは1文で書けない。(全て範囲が異なっていても)

/* point; point2(3); */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;  test1 = 101;
    output;
  番号="222222"; test = 20;  test1 = 200;
    output;
  番号="333333"; test = 30;  test1 = 300;
    output;
  番号="444444"; test = 40;  test1 = 400;
    output;
  番号="555555"; test = 50;  test1 = 500;
    output;
  番号="666666"; test = 60;  test1 = 600;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
              51 - 100  = 'High';
  value point2 101  -150 = 'Low1'
              151 - 200 = 'High1';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
  format test1 point2.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • formatプロシージャにより101 – 150 = ‘Low1’、151 – 200 = ‘High1’とする「point2」というルールを設定したい。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 変数test1をpoint2.のフォーマットルールで書き換えたい。
  • フォーマットルール名は最後に数字が使えない。

/* point pointt */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;  test1 = 101;
    output;
  番号="222222"; test = 20;  test1 = 200;
    output;
  番号="333333"; test = 30;  test1 = 300;
    output;
  番号="444444"; test = 40;  test1 = 400;
    output;
  番号="555555"; test = 50;  test1 = 500;
    output;
  番号="666666"; test = 60;  test1 = 600;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
              51 - 100  = 'High';
  value pointt 101  -150 = 'Low1'
              151 - 200 = 'High1';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
  format test1 pointt.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • formatプロシージャにより101 – 150 = ‘Low1’、151 – 200 = ‘High1’とする「pointt」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 変数test1をpointt.のフォーマットルールで書き換える。
  • フォーマットルールを別の文に分け、最後が数字でなければ、正しく実行できる。

/* point pointt(2) */
data data1;
  番号="111111"; test = 10;  test1 = 10;
    output;
  番号="222222"; test = 20;  test1 = 20;
    output;
  番号="333333"; test = 30;  test1 = 30;
    output;
  番号="444444"; test = 40;  test1 = 40;
    output;
  番号="555555"; test = 50;  test1 = 50;
    output;
  番号="666666"; test = 60;  test1 = 60;
    output;
run;


proc format;
  value point 1  -   50 = 'Low'
              51 - 100  = 'High';
  value pointt 1  -   50= 'Low1'
              51 - 100  = 'High1';
run;


proc print data = data1;
  format test point.;
  format test1 pointt.;
run; 

  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low’、51 – 100 = ‘High’とする「point」というルールを設定する。
  • formatプロシージャにより1 – 50 = ‘Low1’、51 – 100 = ‘High1’とする「pointt」というルールを設定する。
  • 変数testをpoint.のフォーマットルールで書き換える。
  • 変数test1をpointt.のフォーマットルールで書き換える。
  • フォーマットルールを別の文に分け、最後が数字でなければ、正しく実行できる。
  • 範囲が被っていても正しく実行できる。

-FORMAT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】SAS Studio上でカラムの順番を変える方法

今回はSAS Studio上でカラムの順番を変える操作について解説します。 ちなみにカラムの出力順をプログラムで制御する方法は過去の記事で解説しています。(参考:【SAS】FORMATはカラムの出力順 …

【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する

今回はINPUTについて解説します。 /*8桁*/ data work.a; a = input(“20061228”, 8.); run; 文字型⇒数値型への変換はinputを使う。文字型&#822 …

【SAS】COMPRESS関数は文字列の空白を削除し、詰める。(COMPRESS関数 その1)

今回はCOMPRESS関数について解説します。 /* compress */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1= …

【SAS】FIRST, LAST↔SORT NODUPKEYの変換

今回はfirst, last↔SORT NODUPKEYの変換について解説します。 結論を先に書くと、変換できる場合、変換できない場合とがあります。 /*sort1*/ data dat …

【SAS】INPUTは日付表記をSAS日付に変換できる

今回はINPUT関数を使って日付表記をSAS日付に変換する方法について解説します。  /* “2022/01/04” */ data data1; a = “2022/01/04”; b = …