MEANS NOPRINT SAS

【SAS】MEANSも集計に便利(デフォルトで結果を出力)【NOPRINT】

投稿日:2021年11月19日 更新日:

今回はMEANSについて解説します。

似た文法でSUMMARYプロシージャがあります。

今回のMEANSプロシージャも集計を行うのですが、こちらはデフォルトで「結果」を出力します。


/*means*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; by 番号; output out=data3; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。

/*noprint*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 noprint; var 金額; by 番号; output out=data3; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • noprintにより、「結果」は出力されなくなる。

/* output out= 無し */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; by 番号; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • 「output out=」を無くすことにより、データセット(DATA3)の出力はされない。

/* output out= 無し noprint */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 noprint; var 金額; by 番号; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • 「output out=」を無くすことにより、データセット(DATA3)の出力はされない。
  • noprintにより、「結果」は出力されなくなる。
  • 「結果」も「データセット出力」もできないと、エラーとなる。

/* class */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。

/* class sort無し */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
run;

proc means data=data1; var 金額; class 番号; output out=data3; run;


  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。

/* class N*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 N; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。
  • Nを指定すると、「結果」はサンプル数のみ表示する。

/* class MEDIAN*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。
  • MEDIANを指定すると、「結果」は中央値のみ表示する。

-MEANS, NOPRINT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】FORMATはカラムの出力順を制御できる

今回はFORMATについて解説します。 /* format全て指定 */ data data1; id1=”A”; id2=”B”; id3=”C”; id4=”D”; run; data data2 …

【SAS】TODAY()とDATE()はどちらもSAS日付値を取得する。

以下の2記事でtoday()を使ってきました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する 【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこ …

【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。その2

今回はarrayステートメント(その2)について解説します。 以前、過去記事でarrayステートメントについて解説していました。⇒【SAS】ARRAYステートメントは配列を設定することができる。 | …

【SAS】SETステートメントに複数データセットを設定すると縦結合できる

今回はSETについて解説します。 /* 1~7 */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その2【INNER JOIN】

今回も複数テーブルの結合について解説します。 前回の記事、【SAS】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)の続き …