MEANS NOPRINT SAS

【SAS】MEANSも集計に便利(デフォルトで結果を出力)【NOPRINT】

投稿日:2021年11月19日 更新日:

今回はMEANSについて解説します。

似た文法でSUMMARYプロシージャがあります。

今回のMEANSプロシージャも集計を行うのですが、こちらはデフォルトで「結果」を出力します。


/*means*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; by 番号; output out=data3; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。

/*noprint*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 noprint; var 金額; by 番号; output out=data3; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • noprintにより、「結果」は出力されなくなる。

/* output out= 無し */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; by 番号; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • 「output out=」を無くすことにより、データセット(DATA3)の出力はされない。

/* output out= 無し noprint */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 noprint; var 金額; by 番号; run;

  • by 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • 「output out=」を無くすことにより、データセット(DATA3)の出力はされない。
  • noprintにより、「結果」は出力されなくなる。
  • 「結果」も「データセット出力」もできないと、エラーとなる。

/* class */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。

/* class sort無し */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
run;

proc means data=data1; var 金額; class 番号; output out=data3; run;


  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。

/* class N*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 N; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。
  • Nを指定すると、「結果」はサンプル数のみ表示する。

/* class MEDIAN*/
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • class 番号を1グループとしてvar 金額について集計する。
  • summaryと同様、meansの出力はoutput out=
  • meansはデフォルトで「結果」を出力する。
  • classを使うとAAAAAA, BBBBBB, CCCCCC以外に全体での集計もされる。
  • classを使うと番号が並んでなくても、実行できる。
  • MEDIANを指定すると、「結果」は中央値のみ表示する。

-MEANS, NOPRINT, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

今回はfirst, lastについて解説します。 /*first last1*/ data data1; 番号=”1111″; 日付=”20210331″; output; 番号=”1111″; 日付 …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その9 「Alt+E+S+V+E」~縦横の並び替えを行いたいとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、縦横の並び替えを行いたい時は、「Alt+E+S+V+E」が役に立つ理由を解説していきます。 具体的な使用場面は、 データセットの場合、カラムは横並びですが …

【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計をする

今回はFREQプロシージャについて解説します。 /* freq 頻度集計 */ data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAA …

【SAS】SAS Studioのフィルター機能の使い方を解説 その1 ~文字型~

今回はSAS Studioのフィルター機能について解説します。 /* 文字型 */ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; id3=”1111″; output; id …

SAS Base Programmingの資格を取りました。試験の流れを解説します。[出題された問題のリークも]

仕事でSASというプログラミング言語を使用してるのですが、 SASの資格を欲しいと思って先日、SASの試験Base Programmingを受けてきました。 2021年内に2回受験をして、 1回目は不 …