PDF SAS

【SAS】ODS PDFは結果内容をPDFファイルとして出力する

投稿日:2021年12月5日 更新日:

今回はPDFについて解説します。


/* pdf */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf file="/home/xxxxxxxxxx/out.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。

/* pdf'' */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf file='/home/xxxxxxxxxx/out.pdf';

  proc print data=data1; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • file=部分はシングルクォーテーションでも実行できる。

/* pdf パス指定無し */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf file="out.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • パス指定が無い場合は、出力先はデフォルトになる(?)

/* pdf close無し */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf file="/home/xxxxxxxxxx/out.pdf";

  proc print data=data1; run;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf close;が無い場合は、PDFファイルは出力されない。

/* pdf file=無し */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


  proc print data=data1; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf file~が無い場合は、PDFファイルは出力されない。

/* 2つ結果 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

data data2;
  Id1=5555; Char1="EEEE";
    output;
  Id1=6666; Char1="FFFF";
    output;
  Id1=7777; Char1="GGGG";
    output;
run;


ods pdf file="/home/xxxxxxxxxx/out.pdf";

  proc print data=data1; run;
  proc print data=data2; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • 複数の結果出力があっても、ods pdfで挟めば1つのPDFファイルに出力される。

/* (1) */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf(1) file="/home/xxxxxxxxxx/out.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf(1) close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに番号を付けられる。

/* (1)(2) */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

data data2;
  Id1=5555; Char1="EEEE";
    output;
  Id1=6666; Char1="FFFF";
    output;
  Id1=7777; Char1="GGGG";
    output;
run;


ods pdf(1) file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf(1) close;


ods pdf(2) file="/home/xxxxxxxxxx/out2.pdf";

  proc print data=data2; run;

ods pdf(2) close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに番号を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)

/* (1)(3) */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

data data2;
  Id1=5555; Char1="EEEE";
    output;
  Id1=6666; Char1="FFFF";
    output;
  Id1=7777; Char1="GGGG";
    output;
run;


ods pdf(1) file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf(1) close;


ods pdf(3) file="/home/xxxxxxxxxx/out2.pdf";

  proc print data=data2; run;

ods pdf(3) close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに番号を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • (1)(3)と複数のPDFファイル番号は数字が飛んでいても良い。

/* ("1") */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf("1") file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf("1") close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(“1”)と記述することでPDFファイルに番号を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • 文字列も付けられる。


/* ("a") */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


ods pdf("a") file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf("a") close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(“a”)と記述することでPDFファイルに文字を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • 文字列も付けられる。

/* (1) 無印 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

ods pdf(1) file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに文字を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • ods pdf(1)~ods pdf closeで番号が合っていないと正しくPDF出力されない。

/* 無印 (1) */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


ods pdf file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf(1) close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに文字を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • ods pdf~ods pdf(1) closeで番号が合っていないと正しくPDF出力されない。

/* (1)(2) (1)(2) */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;

data data2;
  Id1=5555; Char1="EEEE";
    output;
  Id1=6666; Char1="FFFF";
    output;
  Id1=7777; Char1="GGGG";
    output;
run;


ods pdf(1) file="/home/xxxxxxxxxx/out1.pdf";
ods pdf(2) file="/home/xxxxxxxxxx/out2.pdf";

  proc print data=data1; run;

ods pdf(1) close;

  proc print data=data2; run;

ods pdf(2) close;

  • pdfにより、「結果」内容をPDFファイルとして出力する。
  • ods pdf(1)と記述することでPDFファイルに文字を付けられる。(⇒これにより、複数のPDFファイル出力を使い分けられる)
  • ods pdf~ods pdf closeで挟んだ「結果」をPDFファイルに出力するので、入れ子でも良い。

-PDF, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルールを定義し、値を書き換える。その2

今回もFORMATプロシージャについて解説します。 前回は値の範囲によって、定義されたフォーマットルールに従い、値を書き換えるという内容でした。 【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルール …

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …

【SAS】SAS Studioのフィルター機能の使い方を解説 その2 ~数値型~

今回もSAS Studioのフィルター機能について解説します。(前回:【SAS】SAS Studioのフィルター機能の使い方を解説 その1 ~文字型~ | ビジネスイッチ (how-to-busine …

【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その2 降順

今回はSORTプロシージャの降順について解説します。(前回:【SAS】SORTプロシージャはBYで指定した変数で並べ替える その1 昇順 | ビジネスイッチ (how-to-business.com) …

【SAS】INTNX関数は指定期間の条件を満たす日付けを返す。その2

今回はINTNX関数について追加で解説します。 過去記事では INTNX関数 の使い方(引数3つ)について解説しました。⇒【SAS】INTNX関数は指定期間の条件を満たす日付けを返す。 | ビジネスイ …