ROUND SAS

【SAS】ROUNDは四捨五入して数値を丸める

投稿日:2021年10月30日 更新日:

今回はROUNDについて解説します。


/* 正常形 */
data work.data1;
  _100 = round(1234.56789, 100);
  _10  = round(1234.56789, 10);
  _1   = round(1234.56789, 1);
  _。1  = round(1234.56789, .1);
  _。01 = round(1234.56789, .01);
  _。001= round(1234.56789, .001);
run;

  • 第一引数(1234.56789)を第二引数(100)に従って四捨五入する。
  • _100なら10の位に設定されている値で四捨五入を行い、100の位の値が決まる。
  • _。001なら0.0001の位に設定されている値で四捨五入を行い、0.001の位の値が決まる。

/* 桁指定を2にしてみたら */
data work.data1;
  _200 = round(1234.56789, 200);
  _20  = round(1234.56789, 20);
  _2   = round(1234.56789, 2);
  _。2  = round(1234.56789, .2);
  _。02 = round(1234.56789, .02);
  _。002= round(1234.56789, .002);
run;

  • 第一引数(1234.56789)を第二引数(200)に従って四捨五入する。(?)
  • 200や.002にすると計算結果が変わるみたいです。

/* 桁指定を無くしたら */
data work.data1;
  _1 = round(1234.56789);
run;

  • 第一引数(1234.56789)を四捨五入する。
  • 第二引数が省略されているときは0.1の位の値で四捨五入を行い、1の位の値が決まる。
  • デフォルトだと第二引数「1」として扱われる。

/* 数値を文字型にしたら */
data work.data1;
  _100  = round("1234.56789", 100);
  _10   = round("1234.56789", 10);
  _1    = round("1234.56789", 1);
  _。1  = round("1234.56789", .1);
  _。01 = round("1234.56789", .01);
  _。001= round("1234.56789", .001);
run;

  • 第一引数(”1234.56789″)を第二引数(100)に従って四捨五入する。
  • _100なら10の位に設定されている値で四捨五入を行い、100の位の値が決まる。
  • _。001なら0.0001の位に設定されている値で四捨五入を行い、0.001の位の値が決まる。
  • 数値を文字列にしても、文法は通り、計算結果も等しい。

/* 数値を文字型にしたら、桁指定を無くしたら */
data work.data1;
  _1 = round("1234.56789");
run;

  • 第一引数(”1234.56789″)を四捨五入する。
  • 第二引数が省略されているときは0.1の位の値で四捨五入を行い、1の位の値が決まる。
  • デフォルトだと第二引数「1」として扱われる。
  • 数値を文字列にしても、文法は通り、計算結果も等しい。

/* 桁指定を文字型にしたら */
data work.data1;
  _100 = round(1234.56789, "100");
  _10  = round(1234.56789, "10");
  _1   = round(1234.56789, "1");
  _。1  = round(1234.56789, ".1");
  _。01 = round(1234.56789, ".01");
  _。001= round(1234.56789, ".001");
run;

  • 第一引数(1234.56789)を第二引数(”100″)に従って四捨五入する。
  • _100なら10の位に設定されている値で四捨五入を行い、100の位の値が決まる。
  • _。001なら0.0001の位に設定されている値で四捨五入を行い、0.001の位の値が決まる。
  • 数値を文字列にしても、文法は通り、計算結果も等しい。

/* 桁指定を0にしたら */
data work.data1;
  _0 = round(1234.56789, 0);
run;

  • 第一引数(1234.56789)を四捨五入する。
  • 第二引数が0だと、計算できないため、NULLになる。

-ROUND, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】INTCK関数は指定された区間に指定された単位を何回跨ぐか数える。

data data1; Id1 =intck(“YEAR”, ’31Dec2019’d, ‘1Jan2020’d); run; 2019/12/31~2020/1/1の間に年を何回跨ぐか数える。 /* …

【SAS】FORMATはカラムの出力順を制御できる

今回はFORMATについて解説します。 /* format全て指定 */ data data1; id1=”A”; id2=”B”; id3=”C”; id4=”D”; run; data data2 …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その4 引数違いの同名マクロは区別できない。【%MEND】

今回は引数違いの同名マクロについて解説していきたいと思います。(事前に読んでおきたい記事:【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その3 マクロには引数を設定できる。【%MEND】 | …

【SAS】ODS PDFは結果内容をPDFファイルとして出力する

今回はPDFについて解説します。 /* pdf */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】COALESCEはNULLを数字に置き換える

今回はCOALESCEについて解説します。 /*coalesce 正常形*/ data data1; id=”A”; chiku=1111; output; id=”B”; chiku=2222; o …