DATEPART DATETIME PUT SAS TOD

【SAS】SAS日時値をyyyymmddhhmmss形式にする。【PUT】【DATETIME】【DATEPART】【TOD】

投稿日:

今回はdatetime関数を使って、SAS日時値を取得した後、yyyymmddhhmmss形式に加工する方法を解説していきます。

(参考PUT:【SAS】PUTはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する【DATE】【YYMMDD】【DATETIME】【TIME】【TOD】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考DATETIME:【SAS】DATETIME関数はSAS日時値を取得する。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考DATEPART:【SAS】SAS日時値からSAS日付値に変換する方法【DATEPART】【DATETIME】【DATE】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考TOD:【SAS】SAS日時値から0埋めの時間表記に変換する方法【TOD】【DATETIME】【PUT】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


/* yyyymmddhhmmss */
data data1;
  id1 = datetime();
  id2 = datepart(id1);
  id3 = put(id2,yymmddn8.);
  id4 = put(id1,tod8.);
  id5 = transtrn(id3 || id4, ":", compress(""));
run;
  • id1・・・SAS日時値の取得
  • id2・・・id1からSAS日付値を取得
  • id3・・・id2をyyyymmdd形式にする。
  • id4・・・id1をhh:mm:ss形式にする。
  • id5・・・yyyymmddhhmmss形式にする。(id3とid4の結合、「:」の除去)

-DATEPART, DATETIME, PUT, SAS, TOD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】PUTN関数は数値に対して出力形式を指定して変換する。

今回はPUTN関数について解説します。 /* putn_point. */ proc format; value point 1-50=’Low’ 51-100=’High’; run; data d …

【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その2

今回も%PUTについて解説します。 以下の記事では、%putにより、文字列をログに表示できるという内容でした。 【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その1 /* 1+1 */ % …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その12「Ctrl+F」「Ctrl+R」~特定の文字列を検索、置換~【サクラエディタ】

今回はSASで良く使うテクニックということで、特定の文字列を検索、置換したい時は、「Ctrl+F」「Ctrl+R」が役に立つ理由を解説していきます。 以下のようにテーブルがあったとします。(参考:【S …

【SAS】LABELオプションは変数名ではなく、ラベル名を出力する。【PRINTプロシージャ】【SAS Base Programming対策2】

今回はLABELオプションについて解説します。 SAS Base Programmingの四択問題でも出されそうな感じです。 /* label */ data data1; attrib Id1 le …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その5 「SUM関数」~データセットの差分がいくつあるのか数えたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの差分がいくつあるのか数えたいときは「SUM関数」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 E …