DATEPART DATETIME PUT SAS TOD

【SAS】SAS日時値をyyyymmddhhmmss形式にする。【PUT】【DATETIME】【DATEPART】【TOD】

投稿日:

今回はdatetime関数を使って、SAS日時値を取得した後、yyyymmddhhmmss形式に加工する方法を解説していきます。

(参考PUT:【SAS】PUTはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する【DATE】【YYMMDD】【DATETIME】【TIME】【TOD】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考DATETIME:【SAS】DATETIME関数はSAS日時値を取得する。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考DATEPART:【SAS】SAS日時値からSAS日付値に変換する方法【DATEPART】【DATETIME】【DATE】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)

(参考TOD:【SAS】SAS日時値から0埋めの時間表記に変換する方法【TOD】【DATETIME】【PUT】 | ビジネスイッチ (how-to-business.com)


/* yyyymmddhhmmss */
data data1;
  id1 = datetime();
  id2 = datepart(id1);
  id3 = put(id2,yymmddn8.);
  id4 = put(id1,tod8.);
  id5 = transtrn(id3 || id4, ":", compress(""));
run;
  • id1・・・SAS日時値の取得
  • id2・・・id1からSAS日付値を取得
  • id3・・・id2をyyyymmdd形式にする。
  • id4・・・id1をhh:mm:ss形式にする。
  • id5・・・yyyymmddhhmmss形式にする。(id3とid4の結合、「:」の除去)

-DATEPART, DATETIME, PUT, SAS, TOD

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】||(!!)は文字列の連結ができる。【結合】

今回は||(!!)について解説します。 /* || */ data data1; Id1=1111; Char1=”AA AA”; output; Id1=2222; Char1=” BBBB”; o …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その7 「条件付き書式」~差分があるセルに色を付けたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットのコンペアにおいて、差分があるセルに色を付けたい時ときは「条件付き書式」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使う …

【SAS】DROPオプションの位置による処理の違い

今回はDROPオプションの付き方によって、結果が異なるケースを解説します。 /* drop_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=111 …

【SAS】ODS PDFは結果内容をPDFファイルとして出力する

今回はPDFについて解説します。 /* pdf */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する

今回はINPUTについて解説します。 /*8桁*/ data work.a; a = input(“20061228”, 8.); run; 文字型⇒数値型への変換はinputを使う。文字型&#822 …