SAS Snowflake SQL UNION ALL

【SAS】【SQL】SQLにおける複数テーブルの結合 その1【UNION ALL】【Snowflake】

投稿日:

今回は複数テーブルの結合について解説します。


/* 複数テーブルの結合_1 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

data data2;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

proc sql;
  create table data3 AS
  select * from data1
  UNION ALL
  select * from data2;
quit;

  • UNION ALLによって抽出結果を縦に結合することができる。
  • 重複が有っても全て出力される。

/* 複数テーブルの結合_2 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

data data2;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

proc sql;
  create table data3 AS
  select * from data1,data2;
quit;

  • from句に複数テーブルあるときは、結合されてデカルト積になる。
  • 名前が全く同じ列は表示されない。

[メモ:デカルト積の図解を追記]


/* 複数テーブルの結合_3 */
data data1;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

data data2;
  Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111;
    output;
  Id1=2222; Id2=2222; Id3=2222;
    output;
  Id1=3333; Id2=3333; Id3=3333;
    output;
run;

proc sql;
  create table data3 AS
  select t1.Id1,
         t1.Id2,
         t1.Id3,
         t2.Id1,
         t2.Id2,
         t2.Id3
  from data1 t1,data2 t2;
quit;

  • from句に複数テーブルあるときは、結合されてデカルト積になる。
  • 名前が全く同じ列は表示されない。

[メモ:デカルト積の図解を追記]

UNION ALLの項目差異について


-- create or replace table1-
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA1
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10)
);

-- create or replace table2-
create or replace table DB1.PUBLIC.DATA2
(
  "id1" VARCHAR(10),
  "id2" VARCHAR(10),
  "id3" VARCHAR(10)
);



-- プロシージャ定義
CREATE OR REPLACE PROCEDURE DB1.PUBLIC.INSERT_PROC1()

RETURNS VARCHAR
LANGUAGE SQL
AS
BEGIN

INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('1111', '1111');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('2222', '2222');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA1 VALUES ('3333', '3333');

INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA2 VALUES ('1111', '1111','1111');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA2 VALUES ('2222', '2222','2222');
INSERT INTO DB1.PUBLIC.DATA2 VALUES ('3333', '3333','3333');

END;

-- プロシージャ呼び出し
CALL DB1.PUBLIC.INSERT_PROC1();


-- UNION ALL
select * from DB1.PUBLIC.DATA1
UNION ALL
select * from DB1.PUBLIC.DATA2;
  • UNION ALLによって抽出結果を縦に結合することができる。
  • 結合するテーブルの項目に差分があると、エラーとなる。

-SAS, Snowflake, SQL, UNION ALL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SAS日時値からSAS日付値に変換する方法【DATEPART】【DATETIME】【DATE】

今回はDATETIMEでSAS日時値を取得した後、SAS日付値に変換する方法について解説していきます。 (つまり、DATETIMEの値からDATEの値に変換する) (DATETIME:【SAS】DAT …

【SAS】INPUTは文字型を数値型に変換する

今回はINPUTについて解説します。 /*8桁*/ data work.a; a = input(“20061228”, 8.); run; 文字型⇒数値型への変換はinputを使う。文字型&#822 …

【SAS】ROUNDは四捨五入して数値を丸める

今回はROUNDについて解説します。 /* 正常形 */ data work.data1; _100 = round(1234.56789, 100); _10 = round(1234.56789, …

【SAS】%SYSFUNC関数はデータステップの外でも関数を使えるようにする。その2(%LETステートメント中の挙動)

今回は%SYSFUNC関数について、%LETステートメント中の挙動に着目して解説します。 /* substr */ %let a = substr(123456789, 2, 4); data dat …

【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこまでなのか)区切り文字の解説も

今回はYYMMDDにフォーカスして解説します。 前回、PUT+DATE,YYMMDDにより、SAS日付値を日付形式に変換表示する方法を解説しました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日 …