SAS SUBSTR

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。

投稿日:2022年4月25日 更新日:

今回はSUBSTR関数について解説します。


/* 正常形 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 1, 5);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。

/* あいうえおかきくけこ */
data data1;
  id1="あいうえおかきくけこ";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 1, 5);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 日本語だと表示がおかしくなる。

/* 0, 5 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 0, 5);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 第2引数に0を設定すると正しく処理されない。

/* 12, 17 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 12, 17);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 第2引数に最大文字数より大きな値を入れると、id2は欠損値になる。

/* 1, 12 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 1, 12);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 第3引数が最大文字数より大きくても正しく処理される。

/* 123456789 */
data data1;
  id1=123456789;
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 1, 5);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • id1が数値型だと正しく処理されない。

/* "1", "5" */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, "1", "5");	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 第2引数、第3引数が文字型でも正しく表示される。

/* 1.1, 5 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;


data data2; set data1;
  id2 = substr(id1, 1.1, 5);	
run;

  • substr関数は設定した字数分の文字列を切り取る。substr(カラム, 開始位置, 文字数)
  • 開始位置は1スタート。
  • 第2引数が1.1でも処理は通る。(1~5を取る。)

-SAS, SUBSTR

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】UPCASE関数は文字列を大文字化する。

今回はUPCASE関数について解説します。 /* upcase */ data data1; Id1=1111; char1=”US”; char2=”aaa”; output; Id1=2222; …

【SAS】WORKライブラリの性質について解説

今回はWORKライブラリについて解説します。 libnameを使わなくてもデフォルトで存在するライブラリです。 そのため、libnameを使わずにworkライブラリを使用することができます。 /* l …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その6 「名前ボックス」~指定したセルに飛びたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、指定したセルに飛びたい時は「名前ボックス」が役に立つ理由を解説していきます。 以前の記事で「Ctrl+R」や「Ctrl+D」を用いた例を紹介してきました。 …

【SAS】SAS日時値からSAS時間値に変換する方法【TIMEPART】【DATETIME】【TIME】

今回はDATETIMEでSAS日時値を取得した後、SAS時間値に変換する方法について解説していきます。 (つまり、DATETIMEの値からTIMEの値に変換する) (DATETIME:【SAS】DAT …

【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計をする その2【LIST】【CROSSLIST】【NOROW】【NOCOL】

今回はFREQプロシージャにオプションを用いた場合について解説します。  FREQプロシージャの基本的な使い方については過去記事で解説しています。⇒【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計 …