SAS SUMMARY

【SAS】SUMMARYは集計に便利

投稿日:2021年9月19日 更新日:

今回はSUMMARYについて解説します。


/*正常形*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; by 契約番号; output out=data3; run;

  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=

/*out=*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2 out=data3; var 請求金額; by 契約番号; run;


  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • out=だとエラーになる。

/*語順入れ替え1*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; output out=data3; by 契約番号; var 請求金額; run;
  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • by; var; output out=;は語順入れ替えても動作する。

/*N=*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; by 契約番号; output out=data3 N=; run;
  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • 集計関数のうちNを実行する。

/*N=ロット数*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; by 契約番号; output out=data3 N=ロット数; run;

  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • 集計関数のうちNを実行する。
  • Nの列名を指定する。

/*by複数指定*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号 会社コード; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; by 契約番号 会社コード; output out=data3 MAX=; run;

  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • 集計関数のうちMAXを実行する。
  • byには複数指定できる。

/*varなし*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; by 契約番号; output out=data3; run;

  • by 契約番号を1グループとして集計する
  • 出力はoutput out=
  • varが無ければ_TYPE_, _FREQ_のみ。

/*byなし*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; output out=data3; run;
  • byが無ければ、表全体を1グループとしてvar 請求金額について集計。
  • 出力はoutput out=

/*drop=_TYPE_ _FREQ_*/
data data1;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="02"; 請求金額=4999;
    output;
  契約番号="AAAAAA"; 会社コード="03"; 請求金額=2000;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="06"; 請求金額=2300;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="04"; 請求金額=1200;
    output;
  契約番号="BBBBBB"; 会社コード="03"; 請求金額=4000;
    output;
  契約番号="CCCCCC"; 会社コード="03"; 請求金額=7777;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 契約番号; run;

proc summary data=data2; var 請求金額; by 契約番号; output out=data3(drop=_TYPE_ _FREQ_) N=ロット数; run;

  • by 契約番号を1グループとしてvar 請求金額について集計する
  • 出力はoutput out=
  • 集計関数のうちNを実行する。
  • Nの列名を指定する。
  • _TYPE_, _FREQ_もdropできる。

-SAS, SUMMARY

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】CALL SYMPUTは関数を用いてマクロ変数の代入ができる。

今回はCALL SYMPUTについて解説します。 /*その1*/ data data1; kyo = today(); run; today()は本日の日付をSAS日付で取得する。 /*その2*/ d …

【SAS】TRANSTRN関数は指定した文字を別の文字に変換する。

/* a */ data data1; Id1=”abcd”; Id2=”ABCD”; output; Id1=”abcd”; Id2=”ABCD”; output; Id1=”abcd”; Id2= …

【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する

今回もPUTについて解説します。  前回、PUTは数値型⇒文字型への変換ができると解説しました。 【SAS】PUTは数値型を文字型に変換する 今回はその延長としてSAS日付値を様々な日付形式 …

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。

今回はSUBSTR関数について解説します。 /* 正常形 */ data data1; id1=”123456789″; output; run; data data2; set data1; id2 …

【SAS】OUTPUTとDELETEの「明示的な使い方」「暗黙的な使い方」

今回はOUTPUTとDELETEにスポットを当てていきたいと思います。 /* output, delete無し */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; outpu …