%LET %SYSFUNC SAS

【SAS】%SYSFUNC関数はデータステップの外でも関数を使えるようにする。その2(%LETステートメント中の挙動)

投稿日:2022年2月14日 更新日:

今回は%SYSFUNC関数について、%LETステートメント中の挙動に着目して解説します。


/* substr */
%let a = substr(123456789, 2, 4);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • substrにより、2345を切り取ろうとしている。
  • データステップの外でsubstr関数を使うと動きがおかしい。(?)

/* %sysfunc_substr */
%let a = %sysfunc(substr(123456789, 2, 4));

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • substrにより、2345を切り取る。
  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。⇒substrの動きが正常になった。

/* %sysfunc_date() */
%let a = %sysfunc(date(),yymmddn8.);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。
  • %sysfuncはSAS日付値⇒日付形式への変換の役割も兼ねている(?)

/* put */
%let a = put(date(),yymmddn8.);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • putにより、date()をyymmddn8.形式にする。
  • データステップの外でもput関数が使えている(?)

-%LET, %SYSFUNC, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】NODUPはソート時に全ての変数における重複を削除する

今回はNODUPについて解説します。 前回NODUPKEYについて解説しました。 【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する 今回のNODUPは前回の文法の亜種という感じです。 /*nodu …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その5 「SUM関数」~データセットの差分がいくつあるのか数えたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの差分がいくつあるのか数えたいときは「SUM関数」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 E …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その4 引数違いの同名マクロは区別できない。【%MEND】

今回は引数違いの同名マクロについて解説していきたいと思います。(事前に読んでおきたい記事:【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その3 マクロには引数を設定できる。【%MEND】 | …

【SAS】SASで日付を扱う(年月日)【”d】 【YEAR()】【MONTH()】【DAY()】【MDY()】

今回は日付を用いた様々な操作について解説します。  /*”d*/ data data1; Id1 = ’03jan2022’d; run; ’03jan2022’d …

【SAS】TODAY()とDATE()はどちらもSAS日付値を取得する。

以下の2記事でtoday()を使ってきました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する 【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこ …