%LET %SYSFUNC SAS

【SAS】%SYSFUNC関数はデータステップの外でも関数を使えるようにする。その2(%LETステートメント中の挙動)

投稿日:2022年2月14日 更新日:

今回は%SYSFUNC関数について、%LETステートメント中の挙動に着目して解説します。


/* substr */
%let a = substr(123456789, 2, 4);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • substrにより、2345を切り取ろうとしている。
  • データステップの外でsubstr関数を使うと動きがおかしい。(?)

/* %sysfunc_substr */
%let a = %sysfunc(substr(123456789, 2, 4));

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • substrにより、2345を切り取る。
  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。⇒substrの動きが正常になった。

/* %sysfunc_date() */
%let a = %sysfunc(date(),yymmddn8.);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • %sysfuncにより、関数をデータステップの外で使える。
  • %sysfuncはSAS日付値⇒日付形式への変換の役割も兼ねている(?)

/* put */
%let a = put(date(),yymmddn8.);

data data1;
  Id1=&a.;
  output;
run;

  • putにより、date()をyymmddn8.形式にする。
  • データステップの外でもput関数が使えている(?)

-%LET, %SYSFUNC, SAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】SUMは足し算をする。その1【SQL】

今回はSQLのSUMについて解説します。 /* SUM_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=222 …

【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その4~THEN DO, ELSE DO~【END】

今回はIF文の分岐で、複数の命令を実行する方法について、解説していきます。 【併せて読みたい記事】 【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その1 | ビジネスイッチ (how-to-busi …

【SAS】FORMATプロシージャはフォーマットルールを定義し、値を書き換える

今回はFORMATプロシージャについて解説します。 /* format */ data data1; 番号=”111111″; test = 10; output; 番号=”222222″; test …

【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その1

今回はSASのif文について解説していきたいと思います。 【IF文の関連記事】 (明示的、暗黙的OUTPUT:【SAS】OUTPUTとDELETEの「明示的な使い方」「暗黙的な使い方」 | ビジネスイ …

【SAS】ATTRIBによる形式変換とPUTによる形式変換の違いを解説

今回は、ATTRIBによる形式変換とPUTによる形式変換の違いを解説します。 結論:ATTRIBは入力項目が数値型、文字列型どちらにも対応できるが、    PUTは入力項目が数値型の時しか使えない。 …