SAS TITLE

【SAS】TITLEステートメントは「結果」にタイトルを付けられる

投稿日:2021年11月27日 更新日:

今回はTITLEステートメントについて解説します。


data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

  • TITLEステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。

/* titleのみ */
title "title statement" ;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • titleステートメントだけでは表示されない→「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。

/* title means */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

title "title statement" ;
proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • meansプロシージャでもタイトルは表示できる。

/* title2つ */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが”「結果」を表示するプロシージャ”に掛かっている限り、複数でもタイトルが付く。

/* title改行 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement
second line" ;
proc print data=data1; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントを改行させて書いても「結果」では改行されずに、繋がって表示される。

/* title連続 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
title "title statement2" ;
proc means data=data1 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data2; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが複数ある場合、最後のタイトルが表示される。

/* title2 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
title2 "title statement2" ;
proc means data=data1 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data2; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが複数ある場合、「title」「title2」とすれば複数のタイトルが表示される。

-SAS, TITLE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】TODAY()とDATE()はどちらもSAS日付値を取得する。

以下の2記事でtoday()を使ってきました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値をフォーマットを変換して表示する 【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこ …

【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計をする

今回はFREQプロシージャについて解説します。 /* freq 頻度集計 */ data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAA …

【SAS】INTCK関数は指定された区間に指定された単位を何回跨ぐか数える。

data data1; Id1 =intck(“YEAR”, ’31Dec2019’d, ‘1Jan2020’d); run; 2019/12/31~2020/1/1の間に年を何回跨ぐか数える。 /* …

【SAS】INTNX関数は指定期間の条件を満たす日付けを返す。

今回はINTNX関数について解説します。 /* intnx_1 */ data data1; Id1 = intnx(“YEAR”,’16jan2022’d,1); format Id1 yymmdd …

【SAS】^=(ノットイコール)

今回は^=について解説します。 /* ^=”” */ data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU”; output; id=”B”; chiku=”ICHIGAYA”; o …