SAS TITLE

【SAS】TITLEステートメントは「結果」にタイトルを付けられる

投稿日:2021年11月27日 更新日:

今回はTITLEステートメントについて解説します。


data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

  • TITLEステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。

/* titleのみ */
title "title statement" ;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • titleステートメントだけでは表示されない→「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。

/* title means */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

proc sort data=data1 out=data2; by 番号; run;

title "title statement" ;
proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • meansプロシージャでもタイトルは表示できる。

/* title2つ */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
proc means data=data2 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data3; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが”「結果」を表示するプロシージャ”に掛かっている限り、複数でもタイトルが付く。

/* title改行 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement
second line" ;
proc print data=data1; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントを改行させて書いても「結果」では改行されずに、繋がって表示される。

/* title連続 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
title "title statement2" ;
proc means data=data1 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data2; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが複数ある場合、最後のタイトルが表示される。

/* title2 */
data data1;
  番号="AAAAAA"; コード="02"; 金額=1999;
    output;
  番号="AAAAAA"; コード="05"; 金額=2000;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="06"; 金額=2400;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="04"; 金額=1300;
    output;
  番号="BBBBBB"; コード="05"; 金額=4000;
    output;
  番号="CCCCCC"; コード="05"; 金額=5555;
    output;
run;

title "title statement" ;
proc print data=data1; run;

title "title statement" ;
title2 "title statement2" ;
proc means data=data1 MEDIAN; var 金額; class 番号; output out=data2; run;

  • titleステートメントにより、「結果」にタイトルを付けられる。
  • 「結果」を表示するプロシージャと一緒に使う必要がある。
  • titleステートメントが複数ある場合、「title」「title2」とすれば複数のタイトルが表示される。

-SAS, TITLE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】PUTは数値型を文字型に変換する

今回はPUTについて解説します。 /*数値8桁*/ data work.a; a = put(20061228, 8.); run; 数値型⇒文字型への変換はputを使う。数値型20061228⇒文字 …

【SAS】FREQプロシージャは頻度集計とクロス集計をする

今回はFREQプロシージャについて解説します。 /* freq 頻度集計 */ data data1; 番号=”AAAAAA”; コード=”02″; 金額=1999; output; 番号=”AAAA …

【SAS】VERIFYは引数の文字を含まない最初の位置を返す

今回はVERIFYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; Id1=”AAAA”; output; Id1=”ABAB”; output; Id1=”ABCD”; output; …

【SAS】INDEXC関数は文字列から特定の文字を探して位置を返す。

今回はINDEXC関数について解説します。 data data1; Id1=”1111″; Id2=”1111″; Id3=”1111″; output; Id1=”2111″; Id2=”2111″ …

【SAS】SUMMARYは集計に便利

今回はSUMMARYについて解説します。 /*正常形*/ data data1; 契約番号=”AAAAAA”; 会社コード=”02″; 請求金額=4999; output; 契約番号=”AAAAAA” …