SAS TRANSTRN

【SAS】TRANSTRN関数は指定した文字を別の文字に変換する。その2 再帰的使用

投稿日:2022年4月23日 更新日:

今回はTRANSTRN関数の再帰的使用について解説していきます。

(参考:【SAS】TRANSTRN関数は指定した文字を別の文字に変換する。 | ビジネスイッチ (how-to-business.com))


/* 再帰的 */
data data1;
  id1="123456789";
    output;
run;



data data2; set data1;
  id1 = transtrn(id1, "12345", "aaaaa");	
run;

-SAS, TRANSTRN

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】プロパティ表示を使う方法

今回はプロパティ表示について触れていきます。 /* data1_1 */ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; id3=”1111″; output; id1=”22 …

【SAS】足し算。その3(SUM関数を用いた計算)【of】

今回はSUM関数を用いた足し算で、ofを使った計算について解説します。  (前回はSUM関数を用いた足し算について解説しました。⇒【SAS】足し算。その2(SUM関数を用いた計算) | ビジ …

【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。その2 同名マクロによる再定義【%MEND】

今回は同名マクロによる再定義について解説していきたいと思います。(前回の記事:【SAS】%MACROはマクロを定義することができる。【%MEND】 | ビジネスイッチ (how-to-business …

【SAS】DATASETSプロシージャを使ってデータセットを削除する。その2【KILL】

今回はDATASETSプロシージャを使ってデータセットを削除する方法の続きを解説していきます。(前回の参考:【SAS】DATASETSプロシージャを使ってデータセットを削除する。【DELETE】 | …

【SAS】DROPはデータセットから変数を削除する

今回はDROPについて解説します。 /* drop_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=1111; output; Id1=2222; …