SAS UPCASE

【SAS】UPCASE関数は文字列を大文字化する。

投稿日:2021年12月6日 更新日:

今回はUPCASE関数について解説します。


/* upcase */
data data1;
  Id1=1111; char1="US"; char2="aaa";
    output;
  Id1=2222; char1="Us"; char2="aaa";
    output;
  Id1=3333; char1="uS"; char2="aaa";
    output;
  Id1=4444; char1="us"; char2="aaa";
    output;
  Id1=5555; char1="1"; char2="aaa";
    output;
  Id1=6666; char1=""; char2="aaa";
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 部分的に大文字、小文字でも全て大文字化する。

/* 変換元数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1=111; char2="aaa";
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換元の変数が数値型の時は、変換後の変数内は欠損値となる。

/* 変換先数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1="aaa"; char2=111;
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換先の変数が数値型の時は、変換後の文字列を入れる事ができないため、Nullとなる。

/* 変換元数値型、変換先数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1=111; char2=111;
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換前、変換後両方とも数値型のときは、変化が無い。

/* if文 */
data data1;
  Id1=1111; char1="US";
    output;
  Id1=2222; char1="Us";
    output;
  Id1=3333; char1="uS";
    output;
  Id1=4444; char1="us";
    output;
  Id1=5555; char1="1";
    output;
  Id1=6666; char1="";
    output;
run;

data data2;set data1;
  if upcase(char1) = "US";
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • if文の条件としても使える。

-SAS, UPCASE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】NODUPKEYはソート時に重複を削除する

今回はNODUPKEYについて解説します。 data data1; id=”A”; chiku=”SHINJUKU1″; 数字=1; output; id=”A”; chiku=”SHINJUKU2″ …

【SAS】COALESCEはNULLを数字に置き換える

今回はCOALESCEについて解説します。 /*coalesce 正常形*/ data data1; id=”A”; chiku=1111; output; id=”B”; chiku=2222; o …

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

今回はfirst, lastについて解説します。 /*first last1*/ data data1; 番号=”1111″; 日付=”20210331″; output; 番号=”1111″; 日付 …

【SAS】ORDER BYは指定した項目の順番でレコードを並び替える。【SQL】

今回はORDER BYについて解説します。 /* order by_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; I …

【SAS】SAS Studioのフィルター機能の使い方を解説 その2 ~数値型~

今回もSAS Studioのフィルター機能について解説します。(前回:【SAS】SAS Studioのフィルター機能の使い方を解説 その1 ~文字型~ | ビジネスイッチ (how-to-busine …