SAS UPCASE

【SAS】UPCASE関数は文字列を大文字化する。

投稿日:2021年12月6日 更新日:

今回はUPCASE関数について解説します。


/* upcase */
data data1;
  Id1=1111; char1="US"; char2="aaa";
    output;
  Id1=2222; char1="Us"; char2="aaa";
    output;
  Id1=3333; char1="uS"; char2="aaa";
    output;
  Id1=4444; char1="us"; char2="aaa";
    output;
  Id1=5555; char1="1"; char2="aaa";
    output;
  Id1=6666; char1=""; char2="aaa";
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 部分的に大文字、小文字でも全て大文字化する。

/* 変換元数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1=111; char2="aaa";
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換元の変数が数値型の時は、変換後の変数内は欠損値となる。

/* 変換先数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1="aaa"; char2=111;
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換先の変数が数値型の時は、変換後の文字列を入れる事ができないため、Nullとなる。

/* 変換元数値型、変換先数値型 */
data data1;
  Id1=1111; char1=111; char2=111;
    output;
run;

data data2;set data1;
  char2 = upcase(char1);
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • 変換前、変換後両方とも数値型のときは、変化が無い。

/* if文 */
data data1;
  Id1=1111; char1="US";
    output;
  Id1=2222; char1="Us";
    output;
  Id1=3333; char1="uS";
    output;
  Id1=4444; char1="us";
    output;
  Id1=5555; char1="1";
    output;
  Id1=6666; char1="";
    output;
run;

data data2;set data1;
  if upcase(char1) = "US";
run;

  • upcaseにより文字列の中身を大文字化できる。
  • if文の条件としても使える。

-SAS, UPCASE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】DROPオプションの位置による処理の違い

今回はDROPオプションの付き方によって、結果が異なるケースを解説します。 /* drop_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; Id4=111 …

【SAS】ODS PDFは結果内容をPDFファイルとして出力する

今回はPDFについて解説します。 /* pdf */ data data1; Id1=1111; Char1=”AAAA”; output; Id1=2222; Char1=”BBBB”; outpu …

【SAS】TRANSPOSEは縦持ち、横持ちを変換できる。その1

今回はTRANSPOSEについて解説します。 /* num char char */ data data1; NO=1111; CHAR=”A”; MOJI=”AAAA”; output; NO=22 …

【SAS】計算で求められた変数に対するIFとWHEREの振舞いの違い【SAS Base Programming対策1】

/* where id3 */ data data1; id1=1111; id2=1111; id3=1111; output; id1=2222; id2=2222; id3=2222; outp …

【SAS】SQLプロシージャはSQLを実行できる。

今回はSQLプロシージャについて解説します。 /* sql_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2 …