SAS WHERE

【SAS】WHEREステートメントはIFステートメントと同様に処理条件を設定できる。(分岐)

投稿日:2021年12月3日 更新日:

今回はWHEREステートメントについて解説します。


/* where */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111, 2222, 3333);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。

/* where 条件1つ */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。(条件が1つでも使える)

/* where 条件文字列 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Char1 in ("AAAA", "BBBB", "CCCC");
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 文字列型でも設定できる。

/* where 数値型と文字列 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in ("AAAA", "BBBB", "CCCC");
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 文字列型でも設定できる。
  • 型が合っていないとエラーとなる。

/* 5555,6666,7777 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (5555, 6666, 7777);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 条件に合う値が無いと0レコードのデータセットが出力される。

/* where or */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1=1111 or Id1=2222 or Id1=3333;
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略せずに、通常通り記載することもできる。

data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1=1111 and Char1="AAAA";
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • if文と同様、andも使える。

/*where文が複数*/
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111, 2222, 3333);
  where Id1 in (1111, 4444);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • where文が複数あるとき、最後のwhere文が優先される。

-SAS, WHERE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】DATETIME関数はSAS日時値を取得する。

今回はDATETIME関数について解説します。 /* datetime_1 */ data data1; aaaa = datetime(); run; datetime()はSAS時間値を取得する。 …

【SAS】STOPステートメントは処理を切り上げる。

今回はSTOPステートメントについて解説していきます。 /* stop1 */ data data1; id1=”1111″; id2=”1111″; id3=”1111″; output; stop …

【SAS】”dはDATE9形式(ddMONyyyy)をSAS日付に変換する。

”dについては、過去の記事でも触れています。 【SAS】SASで日付を扱う(年月日)【”d】 【YEAR()】【MONTH()】【DAY()】【MDY()】 | ビジネスイッチ (how- …

【SAS】TRANSPOSEは縦持ち、横持ちを変換できる。その2

今回もTRANSPOSEについて解説します。 前回は縦持ち⇒横持ちにする流れで解説してきました。 【SAS】TRANSPOSEは縦持ち、横持ちを変換できる。その1 今回は横持ち ⇒ 縦持ちの流れに沿っ …

【SAS】COMPRESSオプションでデータセットを圧縮できる(パフォーマンスも向上するかも)

今回はCOMPRESSオプションでデータセットを圧縮する方法について解説していきたいと思います。 まずは、通常のデータセットから。 /* 非圧縮 */ data data1; id1=”1111”; …