SAS WHERE

【SAS】WHEREステートメントはIFステートメントと同様に処理条件を設定できる。(分岐)

投稿日:2021年12月3日 更新日:

今回はWHEREステートメントについて解説します。


/* where */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111, 2222, 3333);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。

/* where 条件1つ */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。(条件が1つでも使える)

/* where 条件文字列 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Char1 in ("AAAA", "BBBB", "CCCC");
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 文字列型でも設定できる。

/* where 数値型と文字列 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in ("AAAA", "BBBB", "CCCC");
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 文字列型でも設定できる。
  • 型が合っていないとエラーとなる。

/* 5555,6666,7777 */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (5555, 6666, 7777);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • 条件に合う値が無いと0レコードのデータセットが出力される。

/* where or */
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1=1111 or Id1=2222 or Id1=3333;
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略せずに、通常通り記載することもできる。

data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1=1111 and Char1="AAAA";
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • if文と同様、andも使える。

/*where文が複数*/
data data1;
  Id1=1111; Char1="AAAA";
    output;
  Id1=2222; Char1="BBBB";
    output;
  Id1=3333; Char1="CCCC";
    output;
  Id1=4444; Char1="DDDD";
    output;
run;


data data2; set data1;
  where Id1 in (1111, 2222, 3333);
  where Id1 in (1111, 4444);
run;

  • whereを用いて処理条件を設定できる。
  • or条件を簡略して記載できる。
  • where文が複数あるとき、最後のwhere文が優先される。

-SAS, WHERE

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その2

今回も%PUTについて解説します。 以下の記事では、%putにより、文字列をログに表示できるという内容でした。 【SAS】%PUTステートメントは文字列をログに出力する。その1 /* 1+1 */ % …

【SAS】NLDATE関数はSAS日付値を設定した書式に変換して返す。

今回はNLDATE関数について解説します。 /* nldate_1 */ data data1; Id1 = nldate(’22jan2022’d,’%Y%m%d’); run; nldateにより …

【SAS】LIBNAMEステートメントはExcelファイルをライブラリとして割り当てることができる。【SAS Base Programming対策5】

今回はLIBNAMEステートメントを用いてExcelファイルをライブラリ参照する方法について触れていきます。 SAS Base Programmingの試験を2回受験しましたが、2回ともExcelファ …

【SAS】FIRST, LASTは重複を削除しユニーク化する

今回はfirst, lastについて解説します。 /*first last1*/ data data1; 番号=”1111″; 日付=”20210331″; output; 番号=”1111″; 日付 …

【SAS】YYMMDDの可能性を考える(表示できる日付形式はどこまでなのか)区切り文字の解説も

今回はYYMMDDにフォーカスして解説します。 前回、PUT+DATE,YYMMDDにより、SAS日付値を日付形式に変換表示する方法を解説しました。 【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日 …