Excel

コマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法

投稿日:2020年4月15日 更新日:

今回はExcelのシートにコマンドボタンを挿入してマクロを実行する方法について解説します。

[目次]

1.通常のマクロ実行

通常マクロを実行するときは「開発タブ」→「マクロ」をクリックします。

続いて実行するマクロを選択し、実行ボタンをクリックします。

しかしこのやり方でマクロを実行すると少し過程が多く、ボタンが小さいので何度も操作するには少し面倒に感じます。

2.コマンドボタンでマクロ実行

そこでコマンドボタンと呼ばれるものをシートに追加し、マクロ実行していきます。

「開発タブ」→「挿入」→「コマンドボタン」を選択します。

ドラッグしてコマンドボタンをシートに追加します。

コマンドボタンは追加できましたが、デフォルト表記ではマクロ内容が分からないため、表示文字列を変えます。

「右クリック」→「プロパティ」を選択します。

Captionを編集すると、コマンドボタンに反映されることが分かります。

このやり方だとボタンを大きくできて、ワンクリックで実行できるようになります。

マクロを実装して確かめてみます。以下のソースコードを準備します。


'Sheet1
Private Sub CommandButton1_Click()

    Call 値を入力

End Sub

'Module1
Sub 値を入力()

    ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1).Value = 1
    
End Sub

コマンドボタンをクリックして実行してみます。

コマンドボタンをクリックすることでマクロが実行できることが確認できました。

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

日付と時刻の取得

VBAで現在の日付と時刻を取得する方法をご紹介します。 日付や時刻の取得には以下の関数が使用できます。 取得するもの 関数(引数) 日付 Date 年 Year(Date) 月 Month(Date) …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 Excel関数のIF~2テーブルを比較したいとき~

今回はSASで良く使うテクニックということで、2テーブルを比較するときはExcelでIF関数を使うと良い理由を解説していきます。 ぜひ、やってみてください。 まずは比較したいデータセット2つをExce …

CSVファイルをエクセルシートに展開する方法

今回はカンマ区切りのCSVファイルをExcelのシートに展開する方法について解説します。 [目次] 1.Excelで開く方法【問題あり】2.データ区切りを使う方法3.データの取得を使う方法 1.Exc …

Excelのリスト化でファイルが壊れる件

訳あってVBAでセルをリスト化する機会があり、今回はその時躓いたことを記事にしました。 [目次] 1.起こったバグ2.原因3.対処法 1.起こったバグ セルをリスト化するものとして、今回は以下のソース …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その5 「SUM関数」~データセットの差分がいくつあるのか数えたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの差分がいくつあるのか数えたいときは「SUM関数」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 E …