ActiveCell Excel VBA

ActiveCellを使うと想定外の動きをする件【Excel】【VBA】

投稿日:2020年4月10日 更新日:

VBAでActiveCellを使ったコードを書いた際に、少し躓いたため今回記事にします。

まずは、シート上を以下のように準備します。
A1セルはリスト化し、「1」「2」「3」が選択できる状態にします。

続いて操作したセルを黄色くするように以下のソースコードを準備します。


'Sheet1
Private Sub Worksheet_Change(ByVal target As Range)         'ワークシート上で値が変更されると実行

    Call 色を変える                                         '色を変えるプロシージャの呼び出し

End Sub

'Module1
Public Sub 色を変える()

    ActiveCell.Interior.Color = RGB(255, 255, 0)    'セルの背景色を黄色くする

End Sub

シート上のセルで値入力の操作が行われると、自動的にWorksheet_Changeプロシージャが呼び出されます。
Worksheet_Changeプロシージャから色を変えるプロシージャが呼び出され、Activeセルの背景色が黄色くなります。
A1セルをリストで入力した場合はA1セルの背景色が黄色くなることが分かります。

しかし、A1セルを手入力で編集し、Enterキーを押すとActiveセルがA2セルとなるため、先ほどと違ってA2セルの背景色が黄色くなってしまいました。

A1セルの編集内容が同じであるにも関わらず、動作結果が異なってしまうため、ソースコードを改善する必要があります。

そこでソースコードを以下のように改善します。


'Sheet2
Private Sub Worksheet_Change(ByVal target As Range)         'ワークシート上で値が変更されると実行

    Call 色を変える2(target)                                '色を変えるプロシージャの呼び出し

End Sub

'Module2
Public Sub 色を変える2(target)

    Cells(target.Row, target.Column).Interior.Color = RGB(255, 255, 0)   'セルの背景色を黄色くする

End Sub

今度は操作するセルの位置情報を「target」として、色を変える2プロシージャ呼び出しの際の引数としています。背景色を黄色くする処理もActiveセルではなく、targetのセル位置を指定しています。

このソースコードでA1セルをリストで入力します。

A1セルが黄色くなっていることが分かります。

続いてA1セルを手入力で編集し、Enterキーを押してみます。

一つ目のソースコードと異なり、A1セルが黄色くなったことが確認できます。これにより、リスト入力と手入力の両方で動作結果が同じとなりました。

-ActiveCell, Excel, VBA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Excel】リスト化をIndirectで実行する際の文字制限

セルをIndirectで動的にリスト化しようとした際、躓いたことを記事にします。 まずは、シート上を以下のように準備します。 B1をA1の内容に合わせて動的にリスト化します。例えば、A1に北海道と入力 …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その5 「SUM関数」~データセットの差分がいくつあるのか数えたい時~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットの差分がいくつあるのか数えたいときは「SUM関数」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 E …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 Excel関数のIF~2テーブルを比較したいとき~

今回はSASで良く使うテクニックということで、2テーブルを比較するときはExcelでIF関数を使うと良い理由を解説していきます。 ぜひ、やってみてください。 まずは比較したいデータセット2つをExce …

Enum(列挙型)の使い方

今回はEnumの使い方について解説します。(参考元:moug) Excelではいくつかの色にインデックス番号が割り振られており、ColorIndexプロパティに対応した数値を当てはめると、今回ではA1 …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その3 「Ctrl+D」~データセットのオブザベーション数が多いとき~【Excel】

今回はSASで良く使うテクニックということで、データセットのオブザベーション数(行数)が多いときは「Ctrl+D」が役に立つ理由を解説していきます。 (参考:【SAS】SASで良く使うテクニック。その …