ELSE DO END IF SAS THEN DO

【SAS】IFステートメントは処理を分岐できる。その4~THEN DO, ELSE DO~【END】

投稿日:

今回はIF文の分岐で、複数の命令を実行する方法について、解説していきます。

【併せて読みたい記事】


/* then do_1 */
data data1;
 id1="1111"; id2="1111"; id3="1111";
   output;
run;

data data2; set data1;
  if id1 = "1111" then do;
    id4 = "1111";
    id5 = "1111";
  end;
  else if id1 = "2222" then do;
    id4 = "2222";
    id5 = "2222";
  end;
  else do;
    id4 = "3333";
    id5 = "3333";
  end;
run;
  • then do~end, else do~endを使う事で、複数の命令文を実行できる。
  • 最初のifステートメントがTRUEであるため、id4 = “1111” id5=”1111″となる。

/* then do_2 */
data data1;
 id1="2222"; id2="2222"; id3="2222";
   output;
run;

data data2; set data1;
  if id1 = "1111" then do;
    id4 = "1111";
    id5 = "1111";
  end;
  else if id1 = "2222" then do;
    id4 = "2222";
    id5 = "2222";
  end;
  else do;
    id4 = "3333";
    id5 = "3333";
  end;
run;
  • then do~end, else do~endを使う事で、複数の命令文を実行できる。
  • 第2文のelse ifステートメントがTRUEであるため、id4 = “2222” id5=”2222″となる。

/* then do_3 */
data data1;
 id1="3333"; id2="3333"; id3="3333";
   output;
run;

data data2; set data1;
  if id1 = "1111" then do;
    id4 = "1111";
    id5 = "1111";
  end;
  else if id1 = "2222" then do;
    id4 = "2222";
    id5 = "2222";
  end;
  else do;
    id4 = "3333";
    id5 = "3333";
  end;
run;
  • then do~end, else do~endを使う事で、複数の命令文を実行できる。
  • 第3文のelse doステートメントがTRUEであるため、id4 = “3333” id5=”3333″となる。

/* end無し_1 */
data data1;
 id1="1111"; id2="1111"; id3="1111";
   output;
run;

data data2; set data1;
  if id1 = "1111" then do;
    id4 = "1111";
    id5 = "1111";
  else if id1 = "2222" then do;
    id4 = "2222";
    id5 = "2222";
  else do;
    id4 = "3333";
    id5 = "3333";
run;
  • then do~end, else do~endを使う事で、複数の命令文を実行できる。
  • DOブロックに対して、ENDで閉じてないとエラーとなる。

-ELSE DO, END, IF, SAS, THEN DO

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SAS】列名と列ラベルの表示を切り替える方法【LABEL】

今回はデータセットにおける列名と列ラベルの表示を切り替える方法を解説します。 /* label */ data data1; attrib Id1 length = 8 label = “Id1111 …

【SAS】SQLプロシージャはSQLを実行できる。

今回はSQLプロシージャについて解説します。 /* sql_1 */ data data1; Id1=1111; Id2=1111; Id3=1111; output; Id1=2222; Id2=2 …

【SAS】SUBSTR関数は文字列から指定した文字数分切り取る。

今回はSUBSTR関数について解説します。 /* 正常形 */ data data1; id1=”123456789″; output; run; data data2; set data1; id2 …

【SAS】SAS日時値から0埋めの時間表記に変換する方法【TOD】【DATETIME】【PUT】

今回はDATETIMEでSAS日時値を取得した後に、TODを使って0埋めの時間表記に変換する方法について解説していきます。 (PUTの形式変換:【SAS】PUT+DATE,YYMMDDはSAS日付値を …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その10 「矩形選択」~インデントを入れたい時など~【サクラエディタ】

今回はSASで良く使うテクニックということで、ソースコードにインデントを挿入したい時は、「矩形選択」が役に立つ理由を解説していきます。 「矩形選択」は、インデントの挿入以外にも、同じ文字数分削除をした …