Excel

サクラエディタでVBAのステップ数を数える

投稿日:2020年4月18日 更新日:

サクラエディタの正規表現を使ってVBAソースコードのステップ数を数えてみたいと思います。

以下のソースを準備します。

Public StopFrag As Boolean                                          '一時停止フラグ
Dim inner As String                                                 'セルに入力する"123"格納用変数
Dim i As Integer                                                    '行位置カウント用変数
Private Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal ms As Long)         'API使用のため宣言

'セルに"123"を記入していく。チェックボックスの状態により一時停止と再開を行う。
Sub スタート()



    i = 1
    inner = "123"


    Do While i < 21                                                 '20行まで
    
            DoEvents                                                '処理中でもチェックボックスが有効になる。
            StopFrag = ActiveSheet.CheckBox1.Value                  'チェックボックスの状態を(True or False)で取得する。

        
            Do While StopFrag = True                                'チェック有     チェックボックスのステータスを確認して中断、再開
            
                Sleep 500                                           'インターバル0.5秒
                DoEvents                                            '処理中でもチェックボックスが有効になる。
                StopFrag = ActiveSheet.CheckBox1.Value              'チェックボックスの状態を(True or False)で取得する。
                
            Loop
            

            
            
            Cells(i, 1).Value = inner                               '"123"をセル(1,1)から順に入力していく。
            i = i + 1                                               '次の行
    
        Sleep 500                                                   'インターバル0.5秒
    
    Loop

End Sub

このソースは過去記事で扱ったものをそのまま利用しています。ソース解説は内部リンクから見ることができます。

今回はソースコードの中身を①~③から成り立っていると想定します。

①エンター行(タブのみの行もエンター行とする)
②コメント行
③本文

③のみをカウントします。

ソースコードをサクラエディタにコピーします。

この時点で39行存在することがわかります。

「検索タブ」→「置換」を選択します。

置換前に「^\r\n|^\s*\r\n」を入力し、「正規表現」にチェックを入れ、「該当行マーク」をクリックします。

先ほどの「①エンター行(タブのみの行もエンター行とする)」が黄色くマークされたことが確認できます。

「置換画面」で「すべて置換」をクリックします。

「18箇所を置換しました。」と表示されました。

エディターの編集画面上では18行取り除かれたことが確認できます。

再び「置換画面」を開き、置換前に今度は「^\s*’.*」を入力し、「該当行マーク」をクリックします。

コメント行が黄色くマークされたことが確認できます。

「置換画面」で「すべて置換」をクリックします。

「1箇所を置換しました。」と表示されました。

エディターの編集画面上では1行取り除かれたことが確認できます。

ただしコメント行がエンター行に置換されただけなので、エンター行を取り除きたい場合は再び「置換画面」で置換前に「^\r\n|^\s*\r\n」を入力し、「すべて置換」をクリックします。

最終的にソースコード本文が20ステップであることが確認できます。

今回は以上です。

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

DoEvents(マクロ実行中に画面操作する)

VBAの学習で、DoEventsを使ったシステムを作成したので今回記事にします。 まずは、シート上を以下のように準備します。 そして以下のソースコードを記述し、実行していきます。 Public Sto …

CSVファイルをエクセルシートに展開する方法

今回はカンマ区切りのCSVファイルをExcelのシートに展開する方法について解説します。 [目次] 1.Excelで開く方法【問題あり】2.データ区切りを使う方法3.データの取得を使う方法 1.Exc …

日付と時刻の取得

VBAで現在の日付と時刻を取得する方法をご紹介します。 日付や時刻の取得には以下の関数が使用できます。 取得するもの 関数(引数) 日付 Date 年 Year(Date) 月 Month(Date) …

【SAS】SASで良く使うテクニック。その1 Excel関数のIF~2テーブルを比較したいとき~

今回はSASで良く使うテクニックということで、2テーブルを比較するときはExcelでIF関数を使うと良い理由を解説していきます。 ぜひ、やってみてください。 まずは比較したいデータセット2つをExce …

Enum(列挙型)の使い方

今回はEnumの使い方について解説します。(参考元:moug) Excelではいくつかの色にインデックス番号が割り振られており、ColorIndexプロパティに対応した数値を当てはめると、今回ではA1 …